このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

ビジネスおよび行動の原則 - 握手

ビジネスおよび行動の原則

弊社のビジネスおよび行動の原則(行動規範)では、弊社の価値観と責任について説明しています。

  • 社会の一員として、
  • ビジネスパートナーとして、および
  • 職場で

弊社は、これらの価値観を従業員および管理者向けのマニュアルに行動規範の形で定義しています。

従業員からマネージャー、取締役会メンバーに至るまで、Drägerの全員がビジネスと行動の原則に精通し、行動を決定し、意思決定を行うためにそれらを使用する必要があります。

ビジネスおよび行動の原則 - Stefan Dräger

130年以上にわたり、Drägerは「命を救うテクノロジー」を代弁してきました。命を守り、支え、救うことは、私たちのDNAの重要な部分です。私たちのお客様は、他人の命を救うか、自分の命を守るために日々奮闘しています。この知識は私たちの仕事に対するモチベーションの源泉であるだけでなく、私たちが自分自身に設定する基準です。

私たちは、ビジネスおよび行動の原則を明確に定義しています。私たちとビジネス パートナーがこれらの原則を順守する場合のみ、私たちの製品は約束を果たすことができます。お客様、同僚、サプライヤー、販売パートナーに対して、毎日最高のプロ意識と信頼性を持って接することが重要です。私たちの一人一人が世界中でDrägerのイメージを保護し、改善する責任があります。

私たちは、従業員とビジネス パートナーが完全な誠実さを持ち、事業を展開しているすべての国の人々と法律を尊重して行動することを期待しています。

すべての問題をカバーし、すべての質問に答えることができる行動規範はありません。行動規範は、わが社が疑問を持ち、問題を提起し、私たちの基本的な価値観に基づいて行動することを奨励するものでなければなりません。何かが私たちの価値観に合わない場合、質問をして解決策を見つけるのを支援するのは私たち一人一人の責任です。

私たちは、全ての人の生活を少しでも良くする責任を負わなければなりません。行動は言葉よりも雄弁です。私と取締役会の同僚にとって、ビジネスおよび行動の原則は私たちの日常の行動の基礎であり、価値観のシステムの一部です。

私たちのビジネスおよび行動の原則について詳しく知りたいと思ってくれていることを嬉しく思います。」”

Stefan Dräger

Drägerでの社会貢献

社会の一員として弊社の責任

家族経営の会社として、弊社は今ここだけでなく、未来にも責任を持つことがいかに重要かを知っています。弊社は健康で生産的な環境でのみ自分自身を維持することができます。

すべての人を公正に扱い、サプライチェーン全体で人権が尊重されるようにすることで、この環境に貢献することが重要です。環境を保護することは常に弊社のビジネスの中心的な要素です。 ルールや規制を順守し、リソースを慎重に扱うことは常に前提です。弊社は、安全で信頼できる製品だけでなく、社会へのコミットメントを通じて、健康で安全なグローバル社会に貢献しています。

弊社はすべての人—人権を尊重します

人権の尊重は、弊社の企業の社会的責任の中核部分です。弊社は、児童労働や強制労働、そしてあらゆる形態の現代の奴隷制度や人身売買によって助長された仕事に対して一切の容認を示しません。これは、契約パートナーやサプライ チェーンと同様に、弊社にも当てはまります。弊社は、職場での従業員に対する脅迫的な行動やあらゆる形態の暴力を容認しません。弊社はすべての従業員が同僚やビジネス パートナーに礼儀正しく、公正に、敬意を持って接することを期待しています。

弊社は不寛容に対して絶対に寛容ではありません— 多様性と機会均等です。

弊社は、多様性を、機会であり、かけがえのない資産であると考えています。多様な労働力はより良い結果を生み出すのに役立ちます。さまざまな視点から物事を見て、これらの新しい視点を行動に統合するのに役立ちます。だからこそ、弊社はビジネスのあらゆる面で多様性および機会均等を達成するように努力しています。弊社は、差別と闘い、防止することが弊社の義務であると考えています。弊社は、民族的背景、国籍、性別、宗教、イデオロギー、年齢、障害、または性的アイデンティティーに基づく差別を一切容認していません。

弊社は住む価値のある環境を維持します—環境の保護

弊社の命を救うテクノロジーは、人々と環境を保護します。したがって、環境を保護することは弊社の義務であるだけでなく、環境に配慮した製品や資源の節約を通じて、競争上の優位性を獲得する機会でもあります。このため、弊社は、弊社のすべての事業分野で、弊社の日々の活動が環境を破壊するのではなく、保護することを確実にしています。弊社は、国連の気候変動に対する行動目標に取り組んでいます。弊社は責任を持って資源を廃棄し、二酸化炭素排出量を削減するために体系的に取り組みます。さらに、Drägerの製品とサービスは、世界中のお客様が人々と環境に対する責任を果たすことを支援しています

弊社は製品—品質に妥協しません

人々は弊社の製品に最も貴重な財産、その命を預けます。結果として、人々は常に弊社の製品とその品質に信頼を置くことができなければなりません。すべての法的および規制上の要件に準拠することは当然のことです。弊社は、製品のライフサイクル全体を通じて最高の品質基準を満たしています。弊社の従業員は、開発から生産、供給、販売、サービスに至るまで、お客様の満足度を重視しています。弊社は、製品が使いやすく、お客様の作業をより安全かつ効率的にするために特別な注意を払っています。お客様は、過酷な条件下で何年にもわたって集中的に使用された後でも、弊社の製品の安全性と信頼性を信頼できます。

弊社は他者のためにそこにいます—社会へのコミットメント

弊社の使命は、テクノロジーの範囲を超えて、毎日の生活を少しだけ良くすることです。だからこそ、弊社は主に社会的なプロジェクトや教育イニシアチブに取り組み、物的および金銭的な寄付を通じて貢献しています。特に弊社の医療および安全製品は、困っている人々を助け、苦痛を軽減し、救助隊員の仕事を容易にする機会を弊社に与えてくれます。さらに、弊社の従業員は、自らの社会へのコミットメントを通じて弊社の取り組みをサポートしています。寄付は透明な承認プロセスを経た後にのみ行われ、Drägerの購買決定や営業事業から完全に独立しています。これにより、汚職や利益相反の疑いを避けることができます。

弊社は率直かつ正直に、責任をもってコミュニケーションします

従業員やビジネス パートナー、そして一般の人々からの信頼を得ることが重要です。だからこそ、弊社は常に正直かつ率直にコミュニケーションを取っています。声明は常に真実であり、正しく、客観的に証明可能であるとともに、法的および倫理的基準に常に準拠していなければなりません。原則として、コミュニケーション資料は常に対象市場の文化的側面と文脈を考慮に入れる必要があります。さらに、他の人や競合他社の権利を侵害せず、特に、商標や著作権を侵害していないことを確実しています。

弊社は政治的対話を求めます—利益の政治的代表

弊社は、政策立案者や経済、科学、研究、市民社会の代表者との積極的な対話の重要性を確信しています。弊社は、常に透明性と中立性を維持しながら、慎重に選択された作業部会、閣僚委員会、外交代表、政府および金融機関、協会、NGO に弊社の利益を代表し、専門知識を提供します。政治団体や選挙運動に資金を提供する代わりに、対話を行います。

Drägerのビジネスパートナー

ビジネスパートナーとしての責任

ビジネスパートナーにとってDrägerを選択することは信頼できる企業を選択することの意味です。「命を救うテクノロジー」は単なる指針となる哲学ではありません。これは、弊社が引き受けるより大きな責任の象徴です 一日々おこなうことですこの信頼は、弊社の製品だけでなく、弊社の事業活動においても、当然のこととは言えません。弊社はそれを獲得し、維持し続けなければなりません— 誠実さ、公正さ、透明性、持続可能性を持って行動することによります。

弊社の行動は、適用される法律や規制に基づいているだけでなく、弊社自身と弊社の企業価値のために設定した基準を反映した社内要件にも合致しています。

ビジネスパートナーとしての責任の結果である次の原則を見てみましょう。

弊社は不当な優位性を獲得しません—贈り物、招待状、その他の優位性などの利点を扱います。

贈答品、適切なもてなし、関連イベントへの招待は、ビジネスの過程で通常のことであり、必ずしも腐敗を引き起こすわけではありません。ただし、弊社のマニュアルには、不当な影響が及んでいるように見えることさえ防ぐために、明確に定義されたルールが記載されています。これは、弊社が自分自身に設定した基準です。透明性は、適切性、頻度、タイミングなどの側面と並んで、絶対に不可欠です。これらのルールは、取引先の人々を当惑させたり、取引先の人々や自身を不快な立場に置かないようにするものです。弊社は、公共部門の貴重な完全性を維持する責任があり、さらに厳しい要件の対象となる公務員に特に注意を払う必要があります。同時に、弊社は、優遇措置の支払いを求める声には無関心で応え、脅迫されることはありません。

弊社は私的な利益と職業上の利益を分け、利益相反を扱います。

弊社の私的な利益は常に仲間です。すべての利益相反を避けることはできませんが、適切に対処することはできます。

従業員の私生活を尊重します。ただし、個人の利益が会社の利益を上回る状況は、Drägerと従業員の両方に損害を与える可能性があります。だからこそ、弊社は従業員一人ひとりが、潜在的な利益相反に対して、積極的かつ透明なアプローチをとることを期待しています。これは、Drägerの利益のためにそのような状況を解決する唯一の方法です。

弊社はビジネスを誠実に行い、腐敗を防止します

弊社は、Drägerまたは第三者による汚職を一切容認しません。弊社は透明性を持って行動し、最初の兆候が現れたらすぐに腐敗の芽を摘み取ります。

「命を救うテクノロジー」により、弊社は人々と社会全体を守ります。腐敗は、自分のことしか考えない選ばれた少数の人々にのみ利益をもたらします。

弊社は、自らの能力と品質、または製品とサービスの競争力を信じています。腐敗は、不適切な意思決定、依存、コントロールの喪失につながります。

弊社は持続可能で世代を超えて考えます。腐敗は短期的にも長期的にも弊社に損害を与えます。それは、ビジネス パートナーの信頼を損ない、弊社の評判を台無しにします。

弊社はパフォーマンスの原則を信頼します—自由で公正な競争

弊社は自社の製品とサービス、そしてイノベーションの能力を信頼しています。そのため、自由で公正な競争環境の中で、才能、努力、成果に基づいてビジネスを行っています。また、競合他社が提供するアドバンテージからも利益を得ています。そのため、潜在的な競合他社とのすべての接触に注意を払います—直接または第三者を介して弊社は注意かつ慎重に市場での強力なポジションを活用し、営業構造に必要な操作の余地を提供します。

競争は革新を促進し、最終的には革新的な命を救うテクノロジーを必要とする人々に利益をもたらします。

弊社はビジネスパートナーを慎重に選択します—ビジネスパートナーと協力します

ビジネスパートナーとの取引方法はDrägerの象徴です。弊社は、パートナーが弊社と同じ基準を守っているという事実を大切にしています。 弊社は良い評判を維持することに注意を払い、ビジネス パートナーの誠実性も同様に重要です。営業であれ購買であれ、弊社の成功には安定した生産的な関係が不可欠です。

弊社のビジネス関係は、客観的な決定に基づいています。価格、品質、信頼性、財務の安定性、イノベーションの能力、持続可能性などの基準は弊社にとって重要です。これには、法的および倫理的なビジネス原則の遵守が含まれます。競争と交渉スキルを利用して、Drägerに可能な限り最高の価格/性能比を達成しています。さらに、弊社のビジネス パートナーから供給される商品が、紛争鉱物などの材料とその原産地に関連して適用されるすべての条件を満たしていることを確認します。

弊社は、個人の経済的または個人的な利益に影響されることを許容しません。契約が明確に定義され、書面で締結されていることを確認し、ビジネスパートナーを選択する際には細心の注意を払っています。このアプローチにより、アドバイザーやブローカーが汚職の支払いを隠蔽したり、「紳士協定」の印象を与えるために利用されるリスクと戦うことができます。

弊社は、商品の取引と関税の支払いにおけるすべての義務を果たします—関税、輸出管理、税金

輸出法で許可されている場合にのみ、商品の販売または輸出を行います。この要件は、内部手順の慎重な定義によって保護されています。弊社は、世界的な展開とそれに対する政治的反応に注目しています。ここでは、お客様の利益のためにビジネスをサポートすることに重点を置いています。

弊社は、国際貿易と商品と税金に関する義務に関して、すべての法的要件を満たしています。必要なすべての輸入関税を支払い、輸出入の禁止および制限を完全に遵守します。これらの義務は定期的に見直されます。

国際企業として、弊社は事業を展開するすべての国の税法を順守します。これにより、これらの国のインフラストラクチャーと政府支出への資金提供に貢献できるようになります。

資金洗浄を防止します—資金洗浄の防止

弊社は、犯罪源からの資金洗浄を目的とした支払いの受領または支払いを確実に防止します。疑わしい取引を特定し、合法性を評価します。必要に応じて、そのような支払いが行われないようにし、当局に報告します。

信頼できる数値を公開します—会計および財務報告

弊社は、関連する法律、要件、および基準に準拠して、すべてのビジネス取引を正しく、完全に記録します。中間報告書は、関連する国内および国際的な会計原則に従って作成されます。正確な財務情報を迅速に公開することで、投資家、ビジネス パートナー、金融市場からのDrägerへの信頼が強化されます。

弊社は、資本市場と一般の人々に適切なタイミングで正確な情報を提供します。これは、年次報告書の一部としての定期報告、年次財務諸表、四半期報告書、および適宜開示に適用されます。

弊社は、潜在的なインサイダー情報を責任を持って取り扱います—インサイダー取引に関する法律

インサイダー取引は、内部情報の開示と同様、法律違反になります。弊社は、Drägerとその金融商品に関する潜在的な内部情報のみを社内で使用し、Drägerのビジネスの目的で、厳密に知る必要がある場合にのみ使用します。弊社は、この情報を内部的にも外部的にも、家族のメンバーにも伝えません。それだけでなく、内部情報に基づいて推奨することもありません。

内部情報はアドホック通知として迅速かつ正確に公開します。これにより、すべての人に平等な競争環境が生まれ、資本市場の価格設定が正しく行われ、市場の乱用が防止され、投資家とパートナーのDrägerに対する信頼が強化されます。

この情報が公開されたら、それについて率直にお話しします。

職場での責任

職場で弊社の責任

弊社は皆、職場で大きな責任を負っています。弊社は、自分自身の健康と安全だけでなく、同僚の健康と安全にも責任を負います。従業員とお客様に関するデータ、Drägerの専門知識、および弊社の ITシステムにも特別な保護が必要です。以下のセクションでは、Drägerとその従業員を十分に保護する方法について説明します。

弊社は命を守ります—労働安全衛生

全従業員の健康と安全は、弊社の心に寄り添うものです。弊社は、職場での事故は防ぐことができると信じています。Drägerは、安全で健康的な労働条件を提供するような方法で職場を構築することに取り組んでいます。しかし、これだけでは十分ではありません。弊社全員が安全な環境に貢献できる唯一の方法は、マインドフルネスを維持し、ロールモデルとして行動することです。従業員一人ひとりにこの意識を浸透させ、協働で改善に努めます。弊社は、従業員の健康と安全に、法律で定められた措置を超えて取り組んでおり、健康的なライフスタイルを育むための予防措置を提供しています。

データと情報を保護します—データ保護と情報セキュリティ

Drägerは、製品と従業員の完全性と信頼性を表しています。弊社全員が、適切なレベルのデータ保護と情報セキュリティを確保する責任があります。機密性、完全性、可用性は弊社の活動の最前線にあり、ビジネスとしての成功の鍵です。

弊社はすべての個人データを適用法に従って処理します。データと情報の重要性に応じた適切な保護を実施します。公式および規制データの機密を保持し、国家安全保障に関連するあらゆる活動に関して、妨害行為からデータを保護するための特別な対策を実施します。

弊社はITシステムとデータを管理します—サイバーセキュリティ

Drägerでの情報技術(IT)のない生活は考えられません。有害なプログラム (ウイルス) によるデータ処理の中断、プログラミング エラーの結果としてのデータ損失、または第三者によるデータの悪用などのリスクを軽減するために、弊社は慎重にITを使用します。

弊社は、不正なアクセス、データの損失、操作からデータとITシステムを保護する必要があることを理解しています。それだけでなく、暗号化されていないデータ転送や不明なリンクをクリックすることは、ITリソースの安全性を確保する方法ではないこともわかっています。

Drägerの従業員として、弊社は適用されるITセキュリティ フレームワークに精通しており、これらの規則と規制に固執しています。

弊社は自分の資源を守ります—会社資産を保護します

工具、機械、車両、知的財産などの会社資産はDrägerに帰属しています。これらの資産は、弊社の日常業務の目的で弊社に委託されています。弊社は、それらを貴重な資源として扱い、Drägerでの仕事と義務を遂行する際に慎重かつ控えめに使用します。これらの資産を最大限に活用し、損失、無駄、不必要な損耗を排除したいと考えています。弊社は、アイデアや仕事の結果を知的財産として保護する必要があるかどうかを確認し、必要な範囲で機密を保持します。会社の資産を、私的使用を含む許可されていない使用から保護することが重要です。

明確化を支援します—調査への協力

Drägerが正式な調査の対象になる場合でも、弊社は責任を果たし、協力的な対話を確立することを目指しています。弊社の一人一人が自らの貢献をします。

内部調査や監査では、潜在的な脆弱性を特定して、前進させることが重要です。

弊社は、自分たちの過ちから学び、評判や経済的損害を最小限に抑えることを目指しています。その結果、弊社一人一人は、内部調査や監査を行う同僚と完全に協力します。

弊社は対等な立場で協力します—共同決定

Drägerの企業文化のもう 1 つの重要な様態は、従業員の代表者との誠実な協力です。弊社は、相互の尊重と別の立場の認識に基づいたオープンで継続的な対話を維持することにより、効果的な協力の基礎を築きます。このアプローチは、従業員のニーズを適切に考慮しながら、会社の利益に役立つ困難な状況に対する解決策を見つける唯一の方法です。

ヘルプと連絡先

ヘルプと連絡先

正しいことを行うことは、言うよりも簡単なこともあります。次に何をすればよいかわからない状況に陥った場合、誰かにアドバイスや支援を求めます。そのような状況で弊社は一人ではありません。Drägerには、最終的に正しい決断を下すのに役立つ方法がたくさんあります。

何か質問や不明な点がある時は、常にマネージャーが最初の連絡先です。それ以外にも、社内部門の人事部や従業員代表部、関連する専門部門などの連絡を取ることもできます。

さらに、誰もがコーポレート コンプライアンス オフィス、現地のコンプライアンス オフィサー、または中央のコンプライアンス ヘルプラインに完全に秘密裏に compliance@draeger.com に連絡することができます。

声を上げましょう!弊社は気にします!弊社は声を上げ、報復を一切容認しません

質問を投げかけ、脆弱性や潜在的な問題について明確かつ率直にコミュニケートすることは、Drägerと弊社自身の助けになります。だからこそ、誰もが弊社のスピークアップ文化にコミットすることが重要です。弊社の内部告発システムには、直接の連絡が不適切と判断される場合に使用できるDrägerインテグリティ チャネルも含まれています。24時間年中無休で匿名利用も可能です。

弊社は、誠実に行動し、不正行為の可能性を報告したり、情報を提供したり、内部調査を支援したりする従業員に対する差別を一切容認しない方針を持っています。内部告発者を保護するのは、情報漏えいの影響を受ける人々の利益を守るのと同じです。

詳細はこちら

行動規範(英版)

ダウンロード用弊社のビジネスおよび行動の原則

Drägerのビジネスおよび行動の原則

関連ページ

コンプライアンス

コンプライアンス

持続可能性

持続可能性

Drägerに連絡する

封筒

Drägerwerk AG & Co. KGaA

Moislinger Allee 53–55
23558 Lübeck
Germany

+49 451 882 0

24時間年中無休