このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

会社沿革 - Drägerの会社沿革

会社沿革

1889年から続く命を救うテクノロジー:会社沿革

すべての人生は人それぞれです。それは保護され、サポートされ、救われなければなりません。この考えは、Drägerの歴史の中心にあります。Johann Heinrich Dräger は1889年に弊社歴史の最初の章を書きました。これからも、テクノロジーを「命を救うテクノロジー」に変えるという考えに導かれ続けます。

当社を形作るストーリー

会社沿革 - ルベカ弁

Johann Heinrich Drägerrは、既存のビールタップシステムに対して不満をもっていました。ビールの流れに一貫性がなく、システムが適切に機能しないことがよく発生しました。これがJohannの独創的な創造性を刺激しました。訓練を受けた時計職人は、技術に頭を悩ませながら、ついに1889年に最初の信頼できる二酸化炭素の還元弁であるルベカ弁を開発しました。Johannは自分の発明品を販売するのではなく、自分で弁を製造することにしました。

会社沿革 - 歴史的麻酔装置

20世紀初頭、麻酔薬の使用は重大なリスクをもたらしました。不正確な投与量のガスが原因で患者が死亡することがよくありました。Johann Heinrich Dräger と教授Otto Roth博士は、最終的に麻酔を制御することを目指して、そのすべての専門知識を新しい麻酔装置の開発に注ぎ込みました。「Roth-Dräger」は画期的なイノベーションであり、同社を麻酔分野の専門家として位置付けていました。

会社沿革 - 最初のDrägerマン

1906年:1,000人以上の命を奪ったクリエール鉱山の災害は、Bernhard Drägerに深い印象を与えました。Bernhardはフランスに旅行し、地下の労働条件を直接体験しました。Bernhardの目的は、呼吸保護装置をより安全にし、実際の性能を向上させることでした。新しい機器は、ヨーロッパとアメリカの鉱山災害で非常に効果的であることがすぐに証明されます。北米の鉱業業界で、今でも救助隊員が「Drägerマン」と呼ばれているのは当然です

会社沿革 - Dräger パルモーター

Johann Heinrich Drägerは、ロンドンのテムズ川から若者が救われ、蘇生する様子を目撃していました。このイベントにより、Johannは画期的なアイデアをさらに開発するようになりました。酸素欠乏症によって意識を失った人々を蘇生させるための現場での機械的換気です。リューベックに戻ったJohann Heinrich Drägerは、世界初の量産型緊急人工呼吸器であるパルモーターの作業を開始しました。

130年以上にわたりDrägerを際立たせてきたこと

1989年にルベカ弁を製造し、麻酔の制御を可能にした創業者の創意工夫の精神。テクノロジーを生命を守るテクノロジーに変えるために日々働く当社の従業員。カナダと北米の鉱山の救助隊員は、100年以上にわたり自らDrägerマンと呼んでいます。世界中で弊社が大切にしているお客様。

会社沿革 - Drägerの瞬間 — 弊社の起源

弊社の起源 — 1889年のJohann Heinrich Drägerの発明精神は、彼をいじくり回して洗練させ、1889年に最初の二酸化炭素の還元弁を手にしました。Johannの息子のBernhardは、最終的に、この技術を医療と救助に応用できることを発見しました。 圧力最小化の原理により、麻酔薬の制御が可能になり、例えば、麻酔の歴史において画期的な出来事を記録しました。

会社沿革 - Dräger瞬間-Drägerマン

Drägerマンはその最初の漫画の1つでスーパーマンを助け、1000メートル以上の深さまで潜っていました。米国とカナダでは鉱山救助者が誇らしげに知られていたDrägerマンについて話しています。この言葉は辞書にも載っています。その理由を見つけるには、100年前にさかのぼる必要があります。それは、Drägerが鉱山救助チーム向けに最初の信頼できる閉回路呼吸保護装置を発明したときです。今日に至るまで、同社は鉱山労働者が地下で楽に呼吸できるようにしています。

会社沿革 - Drägerの瞬間 — 弊社のお客様

弊社のお客様 — 遠すぎる旅などありません。Bernhard Drägerは、1904年にお客様が戻ってくる場所にいるのがいかに重要かをすでに認識していました。家族と一緒に、Bernhardはリューベックから米国に向かい、セントルイス万国博覧会で製品を発表しました。わずか3年後、Bernhardは会社の最初の海外子会社をニューヨークに設立し、グローバル展開を始めました。現在、弊社は190か国以上に拠点を持ち、その内約50か国に、お客様向けの現地自社販売およびサービス会社を展開しています。

その他のトピックス

会社概要

会社概要

企業文化

企業文化

持続可能性の報告

持続可能性

Drägerに連絡する

封筒

Drägerwerk AG & Co. KGaA

Moislinger Allee 53–55
23558 Lübeck
Germany

+49 451 882 0

24時間年中無休