このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

治癒環境の構築 - ドレーゲル 治癒環境の構築

ケア中心のワークプレイスで臨床アウトカムを改善

治癒に専念できる環境は患者さんにも、医療スタッフにも望ましい環境です。 その一つの要素は、治癒が実行される物理的なスペースです1: 治癒環境を念頭において進化させたワークプレイスは、例えば、医療テクノロジーが隠されていること、カラーコンセプトに基づいた気持ちの良いデザインの部屋、適切な照明、良い音響環境の他、しっかりと練られたフロアプランと作業環境を提供します。 これらすべての要素が、医療アウトカムの改善と関連しています2

看護師

ケア中心のワークプレイスを設計することでスタッフの満足度が向上

根拠に基づくデザイン (EBD) では、例えば、照明、騒音、感染予防などに関する研究から情報を得て、手術室や病室を最適化します。そのため、病院におけるEBDの採用は、アウトカムを大きく改善し、患者とスタッフの環境をより健全なものにできる可能性があります3。 医療スタッフは、患者ケアの中心的役割を担うため、施設プロジェクトに関する貴重な情報を提供します。

治癒的デザイン インフォグラフィック

治癒的デザインとその影響

医療施設の設計は、患者の安全性とアウトカムだけでなく、スタッフの満足度や財務的結果にも影響を与えます4。 当社のインフォグラフィックには、医療施設のデザインの多様な影響がまとめられています。

ケーススタディ

イギリス、ノッティンガム病院のワークプレイス デザイン

きわめて良質な照明 – ドイツ、アーヘン病院

きわめて良質な照明 - カスタマーリファレンス ドレーゲル Polaris 600

感染予防 – ドイツ、マクデブルク病院

導入事例: 院内感染予防のための感染管理

簡素化された臨床ワークフロー – スウェーデン、スンデルブイン病院

導入事例: ケアの質を高める簡素化された臨床ワークフロー

当社のワークプレイス事例

病院にすでに導入された革新的な設計プラン事例についての概要をご覧ください。

レンダリングした設計プラン例 (集中治療室)

レンダリングした設計プラン例 (新生児集中治療室)

レンダリングした設計プラン例 (手術室)

NICUの設計に関するさらなるリソース

BabyFirstは、新生児に関する基本的で専門的な知識と、心温まる感動的なストーリーが掲載されたプラットフォームを提供することで、早産児のご両親と医療従事者をサポートします。

BabyFirstを見る

関連製品分野

手術室で使用されているPolaris

手術用照明&処置用ライト

手術室のMovita

シーリングサプライユニット &レイアウト提案

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
メディカル事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

03-6447-7220

東京サービスセンター

メディカル事業部 

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226

参考文献

1 Sakallaris et al., Optimal Healing Environments. Global Adv Health Med. 2015;4(3):40-45.
2 Ulrich et al., A review of the research literature on evidence-based healthcare design. HERD. 2008 Spring;1(3):61-125.
3 O'Callaghan N, Dee A, Philip RK. Evidence-based design for neonatal units: a systematic review. Matern Health Neonatol Perinatol. 2019;5:6.
4 Huisman et al., Healing environment: A review of the impact of physical environmental factors on users. Building and Environment 58 (2012) 70-80.