このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

相互接続された医療機器 - 治療の場で相互接続された医療機器を使用する医療スタッフ

相互接続された医療機器

エキスパートにご相談ください

相互接続された医療機器の将来

急性期治療のスペシャリストとして、私たちは医療テクノロジーの将来を常に見据えています。 私たちのビジョンは、 安全で標準化された方法で相互通信が可能な医療テクノロジーを実現することです。 情報を共有し、同期化することにより、効率の改善、安全性の向上、コストの削減、そして最も重要である最善の患者アウトカムの達成を目指します。

治療の場における改善の可能性

相互接続されたテクノロジーは、様々な治療機器、モニタリング装置、臨床情報システム、その他の情報源から患者とデバイスのデータをシームレスに統合し、情報に基づく意思決定を可能にする優れたインサイトを提供します。

データを活用したケアの改善

相互接続されたテクノロジーに対する当社のビジョンでは、治療装置や患者モニター、臨床情報システムをシームレスに相互通信させ、統合データを効果的に活用します。

お客様のメリット:
•意思決定をサポートする複数ソースの情報で 臨床アウトカムを改善
• 治療の場ですべての関連情報へアクセスできることによる 効率性の向上

その他のアイディア
• 数値とトレンド表示に基づく患者ステータス更新を携帯型デバイスに送信することでスタッフに安心を提供。
• 複数の臨床アプリケーションをネットワークに接続し、システムデータを統合・処理することで、インサイトに富んだ情報の生成や意思決定の促進が可能。
•患者の診療記録が完全な精度で自動入力され、スタッフの介入が不要または低減可能に。

自動操作による治療目標の達成

私たちはまた、相互接続されたテクノロジーは、治療のタイミングと有効性の最適化につながると考えています。 装置が実行する治療操作は、エビデンスベースの医療および臨床プロトコルに従って自動化することが可能で、医療スタッフの作業負担を減らし、治療のタイミングと有効性を最適化することができます。

お客様のメリット:
• 治療法の提案によるケアの質向上
• 治療操作の自動化によるコストとスタッフの負担削減 

その他のアイディア 
• テクノロジーにより、国際的な基準に基づく治療ガイドラインとケアプロトコルの適用や文書化が容易に。
• 相互接続されたテクノロジー間で共有されているデータが治療の場で使用する装置で処理され、治療手順を自動化し、治療提供の効率性と安全性を最大化。

現在ご利用いただける製品のご紹介

Draeger SmartPilot View

Dräger SmartPilot® View

Draeger Atlan 350-350-XL

Dräger Atlan® A350/A350 XL

Draeger Infinity Acute Care System

Infinity® Acute Care System

Draeger Mobile Patient Watch 4-3

Mobile Patient Watch

Draeger SmartCare PS The automated weaning protocol

Dräger SmartCare®/PS: 自動ウィーニングプロトコル

Draeger Evita V300

Evita® V300

Draeger Babylog VN600 0

Dräger Babylog® VN600

診療科全体における改善の可能性

相互接続されたテクノロジーは、治癒と快適性をもたらす静かでストレスの少ない環境をサポートします。 ワークフローが合理化され、医療スタッフと患者の距離が縮まります。

アラームの削減と選別

相互接続されたテクノロジーに対する当社のビジョンでは、POC (ポイント・オブ・ケア) モニターと治療装置が、リアルタイムで臨床データを共有することで患者の状態の変化を確認することが可能で、同時に、慎重に準備した対応を優先して適切なタイミングで開始するのに役立ちます。

お客様のメリット:
•アラーム疲労とアラーム発生数の低減による 患者安全性の向上
 スタッフの要求を満たす警報と状況通知の管理が可能なシステム 

その他のアイディア
• 優先配分されたアラームと状況の詳細情報により、スタッフとリソースとの連携を深め、効率的かつ効果的な介入を実現。
• 分析アプリケーションを備えたアラーム履歴データのデータベースは、対応手順の改善に役立ち、ベッド当たりの平均アラーム数を低減可能。

相互運用性による臨床ワークフローの改善

私たちはまた、相互接続されたテクノロジーにより臨床および管理ワークフローを合理化することができ、医療スタッフと患者の距離が縮まると考えています。

お客様のメリット:
• 装置へのリモートアクセスおよび制御による臨床ワークフローの簡便化
。•妨げの少ない回復プロセスによる 患者体験の改善。

その他のアイディア
• 意思決定を助ける集計患者データを表示できる接続装置から、治療を開始・調整・終了することが可能に。
• 患者の睡眠を妨げることなく、関連データにいつでも、どこでもアクセス可。
• ベッドサイドの作業回数を減らすことで、患者は必要な介入までの間に長い休息時間を確保することができ、回復の促進と快適性が増強。

現在ご利用いただける技術のご紹介

臨床アラーム管理とリモートコントロールは、構想のみに留まっているわけではありません。 当社では、このような性能を備えた製品をすでにご提供しています。

病院全体における改善の可能性

相互接続されたテクノロジーは、病院全体を通して、ネットワークベースの有用性をサポートします。そのため、装置およびシステムは常に最高のパフォーマンスを維持することができます。 これはまた、暗号化通信を通じて病院のサイバーセキュリティ対策をさらに強化するため、患者と医療テクノロジーの保護にも役立ちます。

データ分析と簡素化されたフリート管理の実現

当社のビジョンでは、相互接続されたテクノロジーはネットワークベースの各サービスにアクセスし、装置のパフォーマンスを最適に保ち、ダウンタイムを短縮します。また、臨床プロセスを最適化し、資産の最善の利用方法を決定するための包括的な分析データを生成します。

お客様のメリット:
• きわめて高い透明性による業務効率の向上
• リモートおよびデータベースサービス管理によるコスト削減

その他のアイディア
• 治療の場で使用している医療機器を病院ネットワークを介して遠隔から確認・維持し、可能な場合は修理を実行。
• 高品質のデータ出力を提供して複雑なデータ共有を可能にし、ビッグデータや人工知能アプリケーションに対応。
• 装置および患者データを収集・分析し、商業的、技術的、臨床的課題に取り組む際に役立つレポートを作成。

医療ITネットワーク内におけるデータセキュリティの確保

私たちはまた、相互接続されたテクノロジーは、暗号化された通信によりデータとネットワークの整合性を強化し、不正アクセスや不正使用から患者と医療テクノロジーを保護するのに役立つと考えます。

お客様のメリット:
• リアルタイムで提供される正確なデータによるケアの質向上
• 高度なサイバーセキュリティの実装による患者安全性の向上

その他のアイディア
• アクセス認証とデータの暗号化により、医療ITネットワークリソースの重要情報の機密性を保持。
• 治療現場の装置間および装置からITシステムへ、ミスのない臨床データ送信を実現。
• サイバーセキュリティ専門家チームのサポートを受け、潜在的な脆弱性を補強し、組織全体の強力なセキュリティ体制を維持。

現在ご利用いただける製品のご紹介

画面の前に立つ医療スタッフ

医療におけるサイバーセキュリティ

医療におけるサイバーセキュリティ

詳細はこちら

CP-IACS-JP-3-2.jpg

ドレーゲル患者モニタキャンペーン 

 ドレーゲルの患者モニタは、3つのポイントで働きやすさをサポート。ご訪問説明でPC用カメラシャッターをプレゼント!

詳細はこちら

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
メディカル事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

03-6447-7220

東京サービスセンター

メディカル事業部 

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226