このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

医療におけるサイバーセキュリティ: 機器とデータを安全に保つ - 医療におけるサイバーセキュリティ

医療におけるサイバーセキュリティ: 機器とデータを安全に保つ

お問い合わせ先

医療機器のセキュリティの重要性

急性期治療のスペシャリストとして、私たちは医療機器のセキュリティが医療における世界的懸念であることを理解しています。 サイバー攻撃が、業務をシャットダウンさせるのは、どの業界でも同じです。 しかし、他の業界からすでに遅れを取っている医療業界においては、サイバー攻撃によるシャットダウンは生死に関わる問題です。 装置の動作不良は患者を危険にさらし、病院や患者データが盗まれると影響は長期にわたります。 サイバーの脅威がなくなることはありません。 ですから組織として、ITシステム、データ、医療機器、そして何よりも患者を守るための対策を講じる必要があります。 

私たちは病院のサイバーセキュリティ徹底に力を尽くしています

ネットワーク接続された情報テクノロジーは、情報の迅速なやり取りとプロセスの自動化を実現します。 しかしそれによって、サイバー攻撃のリスクが高まることも事実です。 安全なシステムの完備は、当社の安全な装置からスタートします。 ドレーゲルでは、製品開発サイクルのすべての段階で、サイバーセキュリティを包括的に配慮しつつ実装を進めてきました。 製品開発当初から、私たちはサイバー攻撃の脅威に耐えられるシステムアーキテクチャを設計し、これを厳しい専門家によるテストで確認しています。

役立つリソース

cyber-security-210x280-br-9110861-ja-jp-2104-1-9-11.jpg
医療情報の安全を守るための取り組み

ドレーゲルでは、安全なネットワークを維持することがチームとしての取り組みであることを認識しています。 医療のサイバーセキュリティを高めるための当社の取り組みの詳細をご覧ください。 

さらに読む (PDF)

サイバーセキュリティについて話そう

当社のITセキュリティのスペシャリストが、医療機器メーカーの視点から、サイバーセキュリティに関する考えをお話しします。

インタビュー画像: Werner Griesshammer

CEH (認定ホワイトハッカー) になることのメリット

上級ソフトウェアエンジニアのWerner Griesshammerが、認定ホワイトハッカー (CEH) になることのメリットを説明します。

インタビュー画像: George Cragg

C.I.A.の重要なセキュリティ原則

主席ネットワークエンジニアのGeorge Craggが、重要なセキュリティ原則 (別名「C.I.A」) について解説します。

インタビュー画像: Werner Griesshammer

サイバー攻撃の解剖図

上級ソフトウェアエンジニア兼ホワイトハッカーのWerner Griesshammerが、サイバー攻撃が「理論的に」どのように病院で発生し得るかを説明します。

インタビュー画像: Florian Grunow

病院は、ハッキングの餌食にならないと思いますか?

ITセキュリティの専門家でホワイトハッカーでもあるFlorian Gronowが、デジタル化が病院にもたらす最新の脅威について語ります。 被害の多くはデータ漏洩によるものですが、生命維持機能付きの医療機器のハッキングも、現実的なシナリオになりつつあります。 専門家として院内ネットワークの監査に当たったGrunow本人も、麻酔装置のハッキングに成功し、治療機能にアクセスできました。

インフォグラフィック: 一般的な業界と医療業界におけるサイバー攻撃

一般的な業界と医療におけるサイバー攻撃の世界経済への影響については、以下スクロールしてご覧ください。 

医療におけるサイバーセキュリティ: 機器とデータを安全に保つ - 「一般的な世界でのマルウェア感染率」のインフォグラフィック

一般的な世界でのマルウェア感染率

医療におけるサイバーセキュリティ: 機器とデータを安全に保つ - 「サイバー犯罪が1年で世界経済にもたらす損失」のインフォグラフィック

サイバー犯罪が1年で世界経済にもたらす損失

医療におけるサイバーセキュリティ: 機器とデータを安全に保つ - 「医療に対する世界的なサイバー犯罪の経済的影響」のインフォグラフィック

医療に対する世界的なサイバー犯罪の経済的影響

医療におけるサイバーセキュリティ: 機器とデータを安全に保つ - 「医療に対するサイバー攻撃の種類」のインフォグラフィック

医療に対するサイバー攻撃の種類

医療におけるサイバーセキュリティ: 機器とデータを安全に保つ - 「病院でのサイバー攻撃に起因する経済的損害はどのようなものですか?」のインフォグラフィック

病院でのサイバー攻撃に起因する経済的損害はどのようなものですか?

医療におけるサイバーセキュリティ: 機器とデータを安全に保つ - 医療に対するサイバー攻撃: 「世界で発生したサイバー攻撃の例」のインフォグラフィック

医療に対するサイバー攻撃: 世界で発生したサイバー攻撃の例

医療におけるサイバーセキュリティ: 機器とデータを安全に保つ - 「米国の医療機関で最も顕著なサイバー攻撃被害事例」のインフォグラフィック

米国の医療機関で最も顕著なサイバー攻撃被害事例

シュテファン・ドレーゲル氏の写真
「信頼こそが、お客様からいただける最大の報酬です。」

シュテファン・ドレーゲル

治療の場で相互接続された医療機器を使用する医療スタッフ

関連項目: 相互接続された医療機器の将来

急性期治療のスペシャリストとして、私たちは医療テクノロジーの将来を常に見据えています。 私たちのビジョンは、 安全で標準化された方法で相互通信が可能な医療テクノロジーを実現することです。 

詳細はこちら

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
メディカル事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

03-6447-7220

東京サービスセンター

メディカル事業部 

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226