このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

ドレーゲルアカデミー [周術期領域] - Draeger-Academy2-16-6-DL-38454-2015.jpg

ドレーゲルアカデミー [周術期領域]

ドレーゲルアカデミー [周術期領域]

speaker-shizuoka-3-2.png

デスフルラン麻酔のいま ―知っておくべき使い方のポイント―

11月25日(Thu) 18:30~19:45(TBD)

浜松医科大学 麻酔・蘇生学講座 教授 中島 芳樹先生

2011年4月に本邦でデスフルランが医薬品製造販売承認されました。イソフルラン、セボフルランに加えてデスフルランが使用開始され丸10年が経ちます。そこで吸入麻酔薬を中心としたバランス麻酔の現在地について今一度考えてみたいと思います。

お申込みはこちら

speaker-kobe-3-2.png

周術期人工呼吸でグラフィックモニターを使いこなそう

12月14日(火)  18時30分~19時45分

神戸大学大学院医学研究科 外科系講座 麻酔科学分野 准教授 江木盛時先生

適切な周術期人工呼吸は患者予後を改善させます。周術期患者の人工呼吸や患者の呼吸状態を把握する上で、グラフィックモニターはとても有効です。本講演では、周術期人工呼吸におけるグラフィックモニターを概説し、その使用法を提示します。

お申込みはこちら

speaker-sotoyam-3-2.png

麻酔器の呼吸モニターを活かす -声門上器具による麻酔管理-

2022年1月15日(土)10:30~11:45(TBD)

近年の麻酔器はディスプレイが拡充し、様々な換気パラメーターを表示可能となった。パラメーターを活用し、麻酔中の気道の状態を想像できることが理想である。本セミナーでは声門上器具使用中の波形を例に、気道の変化とパラメーターの変化を解説する。

東北大学大学院医学系研究科麻酔科学・周術期医学分野 准教授  外山 裕章先生

お申込みはこちら

Illustration-of-a-lung-protected-in-an-orb-3-2-dgt-601-2017v2.jpg

「7 days 術中肺保護換気ニュースレター」に登録しませんか?

ご登録いただきますと、7日間毎日術中肺保護換気に関する臨床情報をメールでお届けいたします。

ビデオやホワイトペーパー、インフォグラフィックなどお役立ち情報が満載。是非、ご登録ください。

お申込みはこちら

開催終了のライブ配信

speaker-gunma-3-2.png

「全身麻酔」中に適切な呼吸管理は? 肺保護換気の実際

10月22日(Fri) 18:30~19:45(TBD)


群馬大学医学部附属病院 麻酔・集中治療科 病院講師 金本匡史先生

全身麻酔中には特殊な場合を除いて呼吸管理が必須であり、全身麻酔中の呼吸管理についてはこれまでに多くの報告がある。現時点における全身麻酔中の適切な呼吸管理、さらに肺保護換気について考えてみる。

チラシをダウンロード

speaker-hiroshima-3-2.png

より安全なマスク換気を目指して ーマスク換気を評価しようー

9月30日(Thu) 18:30 – 19:45(TBD)


広島大学大学院 医系科学研究科 麻酔蘇生学 准教授 佐伯 昇先生

臨床現場でマスク換気を行う際に呼気CO2波形が出現しないことがないでしょうか?

マスク換気の評価方法として、呼気CO2波形が出現しない場合も使えるループ波形や咽頭マイクによる上気道音の確認方法について解説します。


本セミナーは終了いたしました。多数のご参加を賜り、誠にありがとうございました。

チラシをダウンロード

speaker-edanaga-v2-3-2.jpg

Atlan発売記念 ライブ配信セミナー

7月14日(Wed)18:30~19:45 (TBD) 

本セミナーは終了いたしました。多数のご参加を賜り、誠にありがとうございました。


今も未来も変わらない ー 患者さんから学ぶ気道確保戦略ー

札幌医科大学医学部麻酔科学講座  准教授 枝長 充隆  先生

気道管理戦略の全てが予測通りにいくかといえば、そうではないことが日々の臨床ではよく発生します。

様々な症例をもとに患者さんから学ぶことも、ある意味未来へのエビデンスだと思いませんか?


チラシをダウンロード

speaker-kyushu2-3-2.png

Atlan発売記念 ライブ配信セミナー

8月4日(Wed)18:30~19:45 (TBD) 

本セミナーは終了いたしました。多数のご参加を賜り、誠にありがとうございました。


麻酔中の人工呼吸管理

福岡大学病院 手術部 准教授 重松研二先生 

ハンズオン等の呼吸セミナーの開催が難しいコロナ禍で、多くの皆様に麻酔管理中の換気モード、機能を理解する機会を実際の症例を用いながら提供できればと考えています。

チラシをダウンロード

関連トピック

icu-nurse-3-2-D-11171-2019.jpg

集中治療領域アカデミー 

NICU-scene-D-10015-2019-3-2.jpg

新生児領域アカデミー 

Atlan-jp-Homepage-3-2.jpg

ドレーゲル Atlan® A350/A350 XL

新時代の標準全身麻酔装置 Atlanシリーズ 

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
メディカル事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

03-6447-7220

東京サービスセンター

メディカル事業部 

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226