このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

病院の感染予防と管理 - 感染予防のために減菌器具を使用する医療スタッフ

病院の感染予防と管理

院内感染の管理と制御

院内感染は、患者の疾病・死亡リスクを高める重大な原因です。 このため、病院内と患者が出入りするエリアを清潔に保つための感染管理対策と適切な衛生措置を導入することは必須不可欠です。 場合によっては、リユーザブル製品を単回使用の製品に変えることで、感染率を低く保つことができます。 当社の製品は、常に最低限の部品数と感染予防を念頭に設計されているため、ワークフローの効率を高め、病院での感染リスクを軽減するのに役立ちます。

病院の感染管理

ドイツでは毎年40万人から60万人の患者さんが院内感染に罹患しています。 このような感染の多くは、適切な衛生対策が講じられていれば防げるものであると全国院内感染監視センター (NRZ) は報告しています。 ドイツのマクデブルク・クリニック(Klinikum Magdeburg ) の感染管理に対するアプローチをご覧ください。

病院の感染予防と管理 - ドイツのマクデブルク・クリニックの感染管理のケーススタディ

ケーススタディ: 院内感染への対処を成功させるには

病院の感染予防と管理 - ドイツのマクデブルク・クリニックでの麻酔の標準手順に関するケーススタディ

ドイツ、マクデブルク・クリニック: 麻酔システムの標準手順

手術室での効率性を向上させるために、作業効率の最適化は重要な要素です。 医療行為を行うにあたっては無菌環境が不可欠であるため、手術室での衛生は麻酔医と執刀医の双方にとってきわめて重要です。

病院の感染予防と管理 - イスタンブール、サディ・コヌク博士病院の早産児の生存率向上に関するケーススタディ

イスタンブール、サディ・コヌク博士病院 (Dr. Sadi Konuk Hospital) : 早産児の生存率向上

複数の分析結果によると、NICU経費の60~70%は毎日の入院室料によるものであり、入院期間が最も重要な費用関連の変動要因となっています。 院内感染の感染率を下げることが、平均入院期間を減らす方法であることはよく知られています。

病院の感染予防と管理 - ディジョン大学病院センター (フランス) での急性期治療領域のワークプレイスデザインに関するケーススタディ

フランス、ディジョン大学病院センター 急性期治療領域のワークプレイスデザイン

当社のシステムは、衛生水準を維持し、クリーニングと定期修理の回数を減らして、ワークプレイスの全体的な安全性を高めるのに役立ちます。 ワークプレイスシステムは、清掃が困難なケーブルの露出を排除することで、整頓されたフレームワークを生み出しています。

サイバーセキュリティの画像

医療におけるサイバーセキュリティ

病院における医療機器のサイバーセキュリティは、継続的な問題です。 セキュリティ侵害は、患者の健康・安全面に悪影響を及ぼすだけでなく、追加費用やダウンタイムも引き起こします。 医療機器や患者安全性を確保するためのステップをいくつかご紹介します。

詳細はこちら

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
メディカル事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

03-6447-7220

東京サービスセンター

メディカル事業部 

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226