このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

肺保護のための低流量麻酔 - ドレーゲルの低流量麻酔

肺保護のための低流量麻酔

 急性期治療のスペシャリスト として、私たちは全身麻酔中の周術期肺保護換気により、術後肺合併症 (PPC) の発生率を低下させることが可能であることを理解しています。 PPCとは、全身麻酔後に起こりやすい合併症です。

低流量麻酔が合併症発症率に与えるプラスの影響に関する以下のトピックをぜひご覧ください。

低流量麻酔が高流量テクニックよりも肺機能に良い理由とは?

上気道は吸入されたガスを加湿・加温し、体内に順応させるという重要な役割を果たしています。下気道の呼吸上皮は終末細気管支に向かって変化し続け、吸気ガスを加湿・加温する能力が低下していきます。 しかしながら麻酔中は、上気道は気管内挿管やラリンジアルマスクでバイパスされてしまうため、高流量麻酔中に送られる冷たく乾燥したガスがそのまま下気道に入り、それを十分に順応させるために下気道に負担がかかりすぎる可能性があります。 そのため、機械換気の冷たく乾燥したガスによって肺実質の損傷を引き起こす場合があります。

冷たく乾燥したガスは呼吸上皮の線毛運動を低下させます。 粘液線毛クリアランスの低下は、術後肺合併症と呼ばれる無気肺や感染を引き起こす可能性があります。 低流量麻酔を使用して呼吸ガスを温め、加湿することによって、呼吸上皮へのこのようなマイナスの影響を低減することができます。

以下の臨床に関するホワイトペーパーで低流量麻酔のメリットについて詳しくご覧ください。 さらに、「テクノロジーインサイト – 低流量・極低流量麻酔」では、低流量テクニックを日常ルーチンに安全かつシンプルに適用することを可能にする当社のテクノロジーについてご紹介しています。

低流量 ホワイトペーパー 肺保護換気

ホワイトペーパー: 低流量麻酔のメリット

術後合併症のリスクを最小限に抑える可能性のあるテクニックから患者はどのような恩恵を受けることができるでしょうか? 低流量麻酔のメリットについて、ホワイトペーパーで詳しくご覧ください。

テクノロジーインサイト 低流量 ホワイトペーパー 肺保護換気

テクノロジーインサイト: 低流量麻酔

安全に低流量麻酔を実施するための技術的要件についての洞察と、それをサポートするドレーゲルのテクノロジーに関する情報を提供しています。

低流量 インフォグラフィック 肺保護換気

インフォグラフィック: 低流量麻酔

術後合併症 (PPC) は、アウトカムに深刻なマイナスの影響を与えます。 低流量麻酔がPPCにどのような好影響を及ぼすかをインフォグラフィックにまとめました。

肺保護換気に適した低流量麻酔

肺保護換気に適した低流量麻酔

肺保護換気アプローチによって、術後肺合併症 (PPC) の発生率を低下させることが可能であることは、多くの研究で実証されています。

再呼吸システムで使用する臨床技術

低流量麻酔は安全かつ簡便に実施することができ、日常ルーチンで容易に使用することができるということが、広範な臨床経験で示されています。 「今日の麻酔器の安全性と技術性能が、低流量、極低流量、および代謝流量麻酔の選択を可能にしています。」 これは、熱心な低流量麻酔の支持者で、「低流量・極低流量・代謝流量麻酔」に関する小冊子の著者であるBert Mierke (MD/PhD) とChristian Hoenemann (MD/PhD) の結論です。

この小冊子では、これらのテクニックを安全に使用するための背景情報や実用的なアドバイスが提供されています。

極低流量麻酔
「低流量・極低流量」小冊子: 再呼吸システムで使用する臨床技術
PDF、1,34MB

PDFをダウンロード

ドレーゲルのインフォグラフィック: 低流量麻酔
極低流量麻酔の概略手順
PDF、290 KB

インフォグラフィックをダウンロード

手術室でのコスト削減方法とは?

低流量麻酔を使用することで、揮発性麻酔薬、ならびに亜酸化窒素 (一酸化二窒素、笑気)、酸素の消費量を削減することができます。 大幅なコスト節約に加え、揮発性麻酔薬が生態系に与える悪影響も低減することができます。

低流量麻酔を使用して、病院での薬剤消費を大幅に削減した以下の導入事例をご覧ください。

麻酔ガスのコストを大幅に削減: レキシントンのケーススタディ

麻酔ガスのコストを大幅に削減: レキシントンのケーススタディ

ドレーゲルの麻酔装置には麻酔ガスの流量を調整できるプラットフォームが搭載されており、麻酔科チームは購入初年度に10万ドルもの薬剤コスト削減を実現しました。

サンダーランド病院の低流量ケーススタディ 肺保護換気

サンダーランド参照事例: 患者ケアの質向上と大幅なコスト削減

低流量や極低流量麻酔にはさまざまな利点がありますが、麻酔医が効率的に麻酔ガスを使用するための簡単な方法がなく、なかなか低流量麻酔が浸透しないのが実情でした。 しかし麻酔ガスの実際の消費量と摂取量を測定するガスモニタリングソフトウェアが進化し、これも過去のこととなりつつあります。

ダウンロード

手術室における医療ミスの防止を目指す麻酔科医

麻酔のエラー – 責任は誰にあるのか?

肥満

肥満患者の全身麻酔中の肺保護

手術室における小児用麻酔導入

麻酔中の小児患者への換気

X線写真を確認する肺リクルートメント中の女性医師

全身麻酔中の肺リクルートメント

ドレーゲルの肺保護換気

全身麻酔中の肺保護

ドレーゲルの術中自発呼吸と肺保護換気

術中の自発呼吸

保護された肺のイラスト

肺保護換気の大きな影響

患者1人1人の肺換気のニーズに合わせる方法に関して理解を深め、さらに患者アウトカムを改善しながら、病院のリソースを最大化する方法をご覧ください。

詳細はこちら

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
メディカル事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

03-6447-7220

東京サービスセンター

メディカル事業部 

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226