このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

肺リクルートメント - X線写真を確認する肺リクルートメント中の医師

肺リクルートメント

お問い合わせ先

全身麻酔中の肺リクルートメント

急性期治療のスペシャリストとして、私たちは全身麻酔下で外科的手術を受けたほとんどの患者が、下部肺領域において無気肺を形成し、その結果、術後の肺合併症を引き起こす場合があることを理解しています。 リクルートメント手技により無気肺を改善し、合併症のリスクを軽減することができます。 このように、リクルートメント手技は重要な治療手段ではありますが、患者を厳重にモニタリングしながら行い、有害事象を特定して、それに素早く対処する必要があります。

麻酔中の肺リクルートメントに関する議論の現状はどのようなものでしょうか?

肺胞のリクルートメント手技 (RM) は、既存のガイドラインではまだ一般的に推奨されていないにもかかわらず、多くの麻酔科医によって全身麻酔中でも日常的に実施されています。 しかし、推奨する文献は未だ少なく、確実なエビデンスは示されていないようです。 手動バッグ麻酔を使用したワンステップRMを行うべきでしょうか、それとも麻酔装置を用いた実施がより適切でしょうか? マルチステップRMでは、肺の保護やリクルートメント手技の効果に関してより有益な結果が得られるでしょうか? RMに関連するリスクにはどのようなものがあるでしょうか? リクルートメント手技で肺胞を再開通させる適切な圧はどのくらいでしょうか? このような質問に対する臨床研究からの回答は、まだすべて揃っているわけではありませんが、十分に認識された原理と方向性を特定することは可能です。

臨床に関するホワイトペーパーで、全身麻酔中の肺リクルートメントについての現在の議論に関する興味深い背景情報をぜひご覧ください。 さらに、テクノロジーインサイトでは、効果的なリクルートメント手技をサポートするテクノロジーについて詳しく紹介しています。

肺リクルートメントの森のキービジュアル

ホワイトペーパー: 術中のリクルートメント手技

術中肺リクルートメントの議論点となるのはそのタイミングと方法です。 このトピックの詳細をご覧ください: こちらのホワイトペーパーでは、この議論の現状に若干の光明を投じています。

ホワイトペーパーを表示する

tech-insights-lung-recruitment-white-paper-lung-protective-ventilation-jp-4-3.jpg

テクノロジーインサイト: 肺リクルートメント

このホワイトペーパーは、当社のテクノロジーが全身麻酔中のリクルートメント手技をどのようにサポートするかについての貴重な情報を提供します。

続きを読む

Atelectasis-infographic-lung-protective-ventliation-4-3.jpg

インフォグラフィック: 全身麻酔と無気肺

外科手術を受けるほぼすべての患者に、無気肺の危険性があります。 無気肺、リクルートメント手技、PEEPの関係をインフォグラフィックで分かりやすく説明しています。

インフォグラフィックを表示する

ANZCA 2015でのドレーゲル - Dr. Chris Thompsonによる高度な換気テクニックに関する講演

高度な換気テクニック

Royal Prince Alfred Hospitalの麻酔専門医、Dr Chris ThompsonがANZCAで開催した高度な換気テクニックに関するセッション

Perseus A500-肺リクルートメント

Perseus A500の革新的な肺リクルートメント機能は、麻酔医による安全で効果的、かつ評価可能な手技実施をサポートし、各患者のニーズに合わせて使用・適応させることができます。

安全かつ慎重に肺を開放 - Perseus A500-肺リクルートメント

安全かつ慎重に肺を開放させることの重要性

革新的な肺リクルートメント機能は、虚脱した肺胞を開く際に使用される一般的な2つの方法で構成されています。

肺リクルートメント - 複雑さを排除したより直感的なPerseus 500の機能

複雑性を抑えたより直感的な機能

包括的な患者モニタリング機能とともに、個々の患者のニーズに合わせて容易に使用することができるこれらの肺リクルートメント機能は、麻酔医による効果的で評価可能な操作の安全な実施をサポートします。

肺リクルートメント - Perseus 500でツールを活用し、アウトカムを改善

ツールを活用したアウトカムの改善

ICU換気テクニックを採用することで、Perseus A500の優れた換気性能がさらにアップ。手術室で肺保護戦略を実施することが可能になりました。

関連トピック

手術室における医療ミスの防止を目指す麻酔科医

麻酔のエラー – 責任は誰にあるのか?

減量手術中の肺保護 – 適用された麻酔方法

肥満患者の全身麻酔中の肺保護

手術室における小児用麻酔器導入

麻酔中の小児患者への換気

ドレーゲルの肺保護換気

全身麻酔中の肺保護

ドレーゲルの術中自発呼吸と肺保護換気

術中の自発呼吸

ドレーゲルの低流量麻酔

肺保護のための低流量麻酔

保護された肺のイラスト

肺保護換気の大きな影響

患者1人1人の肺換気のニーズに合わせる方法に関して理解を深め、さらに患者アウトカムを改善しながら、病院のリソースを最大化する方法をご覧ください。

詳細はこちら

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
メディカル事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

03-6447-7220

東京サービスセンター

メディカル事業部 

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226