このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

麻酔におけるヒューマンエラーの防止 - 麻酔におけるヒューマンエラーの防止: 手術室におけるヒューマンエラーの防止を目指す麻酔科医

麻酔におけるヒューマンエラーの防止

ホワイトペーパーをダウンロード

要約

ヒューマンエラーは残念ながら、常に防げるわけではありません。 英国国民保険サービス (NHS) によると、手術室は、外科的処置に伴う有害事象が最もよく起きる場所とされています。1私たちはこのトピックに関して沈黙を破り、真相の究明に乗り出しました。 従って、このようなエラーのデータや結果だけでなく、考えられる原因や関連した解決策についても着目した研究を集めました。このトピックについて広範な概要を提供し、さらなる話し合いを促すことが目的です。

ヒューマンエラーはなぜ起きるのか?

一部の報告では、エラーの全責任が、主に医師自身にあるとしています。 しかし、過去数年の研究でもたらされた膨大な量のデータからは、多くの場合、職場環境にもその責任の一端があることが明らかになっています。 麻酔において、職場の編成が不十分であることや、麻酔医が対処しなければならないタスクが非常に複雑であることなどがこれに含まれます。 その他重要な要因として、アラーム疲労や医療機器の設計の不備など、注意散漫を招く数多くの要因が挙げられます。

human-error-9111340-jp-pdf.jpg
麻酔に関連したヒューマンエラー: 責任は誰にあるのか?

本トピックの概観を幅広く取り上げた本ペーパーでは、詳しい話し合いを行うための見識をご紹介し、適切なテクノロジーが改善にどのように貢献できるかを示しながら、エラーに対してオープンになる組織文化の確立を提案します。

ホワイトペーパーをダウンロード

human-errors-9105712-9-11.jpg
Human error in anaesthesia: whose fault is it anyway?

This extensive overview of the topic identifies insights for deeper discussion and suggests the establishment of an open error culture, showing how the right technology can contribute to improvement.

ホワイトペーパーをダウンロード(英語版)

麻酔に関するヒューマンエラーを減らすための支援

当社は急性期治療のスペシャリストとして、世界中の麻酔医をサポートすることに力を尽くしています。 私たちは、麻酔医が患者を保護し、複雑で制限の多い環境でも最善のケアを提供できるシステムや機能性が必要であることを認識しています。 その目的の達成に向けて、有意義な情報を表示し、迅速かつ重要な臨床的意思決定を可能にするスマートな視覚化を提供することにより、認知能力を解放し、ヒューマンエラーの発生を減らすのに役立つ幅広い機能を提供します。

推奨ダウンロード

テクノロジーインサイト: 「麻酔に関連したヒューマンエラー」レポート
テクノロジーインサイト: 麻酔に関連したヒューマンエラー

認知能力を解放し、病院でのヒューマンエラー発生を減らします。 最新テクノロジーがどのように役立つかをご覧ください。

レポートをダウンロード

麻酔に関連したヒューマンエラーのインフォグラフィック
インフォグラフィック: 麻酔に関連したヒューマンエラー

麻酔に関連したヒューマンエラーは、重大な周術期事故へとつながる可能性があります。 こちらのインフォグラフィックで、興味深い数値データをまとめています。

インフォグラフィックをダウンロード

手術中にPolaris 600手術用照明を使う病院スタッフ

高度な臓器移植

どのような手術や麻酔法であっても、エラーのリスクと可能性が伴います。 しかし、これは臓器移植の場合に特に顕著です。 臓器移植手術は非常に複雑で、通常、長時間を要するほか、2つの異なる手術室、2つのチームで行われます。 ドナーの身体を安定させることは非常に重要なので、患者の麻酔を精確に管理することは大きな課題となります。 手術室が医療機器で溢れている中、臓器を準備して移植しなければなりません。 しかし、最も重要なことは、 2人のQOL (生命の質) を維持しなければならないということです。

ヒューマンエラーのリスク低減に役立つ高度な機能、安全機能、意思決定サポートを備えた詳細な手術室のセットアップとテクノロジーが揃っていることが不可欠です。 このような種類の手術には、ドレーゲルの麻酔ワークステーションであるPerseus A500をSmartPilot Viewと組み合わせると非常に効果的です。

関連製品

Draeger Perseus A500

Dräger Perseus A500

Draeger SmartPilot View

Dräger SmartPilot® View

手術室での患者安全性: ドレーゲル Atlan麻酔器

ドレーゲル Atlan®

手術室での患者安全性

関連トピック

肥満外科手術

減量手術中の肺保護

手術室における小児用麻酔導入

小児麻酔のための肺保護換気

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
メディカル事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

03-6447-7220

東京サービスセンター

メディカル事業部 

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226

出典

1 https://www.england.nhs.uk/2019/01/surgical-safety-checklist/