このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

挿管を回避するには

挿管が必要となる前に、多くの場合、非侵襲換気療法の実施が可能です。

マスク換気により合併症のリスクが回避され、集中治療室滞在期間や死亡率が低下する可能性があります。

Respiration Pathway (呼吸ケアパスウェイ)の第1段階:挿管予防

ventilation-story-article-page-prevent-ja-jp-1801-3-2.jpg

可能な限り挿管を回避する

  • 人工呼吸治療を行っている患者は、人工呼吸器関連肺炎(VAP)を発症する可能性があります
  • VAPを発症した患者は、ICUや病院の入院期間が長くなる可能性があります
  • VAPの治療にはICUで使用される抗生物質のほぼ半分を占める可能性があります

最適なガス交換

ventilation-story-article-page-prevent-pulmonary-gas-excange-ja-jp-3-2.jpg

このモデルは、換気ポンプの機能、理想的な状態、肺ガス交換の両極端な2つの例を示しています。肺胞の換気および循環が最適で理想的な状態の場合、換気血流比 (V/Q比) は0.8です

Caregiver places hI-flow star cannula to deliver high flow oxygen therapy

高流量酸素療法

高流量酸素療法は、高流量酸素を必要とする患者に対して、特殊な経鼻カニューレと加温された呼吸回路を用いて、快適で非侵襲的な呼吸サポートを提供します。

挿管予防のための治療ツールセット

各種治療ツール、治療の適切な意思決定、急性期ケアの専門知識を組み合わせることで挿管を回避することができます。

Ventilation Scene

アンチエアシャワーはマスクフィッティング中や、吸引中にガス送気を軽減し、患者快適性を向上します。

Draeger-SPN-CPAP NIV

全ての換気モードでNIVを設定できることで、アプリケーションモード間のシームレスな移行をサポートし、最小限の侵襲をサポートします。

Draeger O2-therapy

設定された最適な酸素療法のため、酸素供給を保証します。

ダウンロードと詳細情報

人工呼吸器ミニマニュアル

Respiration Pathway 呼吸ケアパスウェイの流れ

Draeger-Stablize-Respiratory-Pathway-ja-jp-3-2.jpg

第2段階 – 安定期

Draeger-Wean-Respiratory-Pathway-ja-jp-3-2.jpg

第3段階 – ウィーニング期

Draeger-Recover-Respiratory-Pathway-ja-jp-3-2.jpg

第4段階 – 回復期

ventilation-story-exhibition-graphic-jp-3-2.jpg

各治療段階に適した選択

個々の換気治療を呼吸管理の全プロセスを通してサポートする、当社の一連の治療ツールをご紹介します。

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
メディカル事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

03-6447-7220

東京サービスセンター

メディカル事業部 

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226