このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

NICUにおける体温管理: 赤ちゃんの体温を維持する - NICUで睡眠中の赤ちゃん

NICUにおける体温管理: 赤ちゃんの体温を維持する

小冊子をダウンロード

生まれたばかりの赤ちゃんの体温を維持することの重要性は、新しい概念ではありません。 ただし、どの温度を測定するかを知ることは困難です。一つの温度を定期的に測定することで、赤ちゃんがその温度をうまく維持できるかがわかりますが、体温調節に使用されているエネルギーに関する情報は得られません。 低体温症などの赤ちゃんの状態は、注意深い体温管理が必要であり、 患者アウトカム(臨床成果)に影響を与える可能性があります。 これは深刻な問題ですが、体温調節は依然として多くの病院であまりフォーカスされていません。

温度管理が大切なのはなぜ?

NICUで赤ちゃんの頭に置かれたケア提供者の手

赤ちゃんの体温が低下するとどうなるのでしょうか?

対流、放射、伝導および蒸発。 4つの異なるメカニズムを通して熱を失います。 新生児の体温が低すぎると、ストレスを引き起こし、肺の機能を悪化させる可能性があり、人工呼吸管理の必要性が高まります。 代謝性アシドーシスが増加し、成長が影響を受け、入院期間が長くなる可能性があります。 ビリルビンはアルブミン結合部位から移動し、核黄疸のリスクを高めます。 これらすべての問題は、罹患率と死亡率の増加につながる可能性があります。 したがって、4つの要因によるすべての熱損失を最小限に抑え、コールドストレスを防ぐことが必要です。

ケア提供者の指を握るNICU入院中の赤ちゃん

身体は環境温度にどのように反応するのでしょうか?

身体はその温度を狭い範囲内に維持しようとし、温度のストレスにさらされた場合、エネルギーを使って温度の安定性を保とうします。 日常の新生児ケアでは、児の熱伝達やエネルギー消費量を測定することはできないため、温度測定からの情報に依存していますが、 複数の体温を同時に測定すると、赤ちゃんが経験する熱ストレスの全体像が分かりやすくなります。

Dr. Luna_ウォーミングセラピー動画を再生

熱喪失による影響

低体温症は、成人にとってさえ、非常に深刻な事態をもたらすことがあります。 極低体重出生児の場合、その影響はさらに深刻なものとなり得ます。 マドリッド大学付属病院のManuel Sánchez Luna医師(MD、PhD)は、保育器管理中のほんのわずかな中断でさえも問題となる可能性があると指摘しています。

早産児の体温調節をどのような方法でサポートすることができるのでしょうか?

体温調節に使用される保育器管理

体温調節とサーモモニタリング

成人と比較して、早産児は発汗や震えのようなメカニズムを備えておらず、その代謝も制限されています。 コールドストレスに対する唯一の反応は血管収縮であり、これはサーモモニタリングで確認することができます。 したがって、成長と成熟のための最良の条件を提供するために、赤ちゃんを「中性温度環境」の範囲内に保つことをケアの目標とすべきです。

Dr. Egbert_体温調節の研究への期待動画を再生

体温管理の重要性

低出生体重児に対する加温療法は新しいトピックではありません。それにもかかわらず、相対的に言って、これを題材にした研究はほとんど行われていません。 ドイツのシュレスヴィヒホルシュタイン大学病院小児および青年医学クリニックのEgbert Herting教授は、このケアの側面にもっと注意を払う必要があると述べています。

「当院ではすでに11年間体温モニタリングを実践しています。 私たちの観点からの主な利点は、赤ちゃんにとって危機的な状況をはるかに早く判別することができるということです。」

Barbara Schulz氏(看護師長)–ハインリッヒハイネ大学デュッセルドルフの小児科センター

新生児における体温管理: ThermoMonitoring - a step forward in neonatal intensive care booklet

ThermoMonitoring: A step forward in neonatal intensive care

小冊子をダウンロード

関連製品

Dräger Babyleo® TN500

Dräger Babyleo® TN500

新生児の体温管理と光線治療

新生児の体温管理と光線治療

関連トピック

Babyroo-D-5051-2023-3-2.jpg

早産児のそれぞれのストーリーに寄り添う

NICUで看護師が早産児を照射する光の量をモニタリング

NICUの照明

NICUで早産児の頭に置かれたケア提供者の手

NICU環境における騒音

新生児集中治療室(NICU)でケアされる早産児

NICUにおけるデベロップメンタルケア

Babyfirstロゴ

早産児の両親と臨床専門家のための当社のリソースとツールをご覧ください

ウェブサイトに移動 *英語版

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
メディカル事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

03-6447-7220

東京サービスセンター

メディカル事業部 

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226