このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

手術室で患者を守る

私たちは、直感的なユーザーインタフェースを採用した革新的な手術室機器とモニターを用い、効率的な麻酔と手術を可能にするよう手術室ワークプイスを最適化します。 実績のある当社の麻酔器は、独自の設計により、患者の保護換気を行い、術後肺合併症のリスクを低減に貢献します。 当社がクリティカルケアのスペシャリストである理由はそこにあります。

手術室のワークフローを効率化

複雑さを増すことなく高機能を実現した当社の周術期ケア製品が医療スタッフをサポートします。 高度なワークプレイスデザイン、麻酔ワークステーション、アクセサリー、搬送用モニター、高品質のサービス、包括的な臨床情報管理ソリューションにより、手術室における安全性と効率性を促進します。

Perseus A500麻酔器

全身麻酔器

ドレーゲルの患者モニタリングシステムに接続されている病床の患者

患者モニター

手術室での処置に使用されるドレーゲル Polaris 600手術用照明

手術用照明と処置用ライト

手術室で、ブームアームの取り付けを必要としない医療用シーリングサプライユニットを使用する医師

医療吊り下げ装置&インフラ設計

ドレーゲルがお客様をサポート

ドレーゲル メディカルでは、人間工学に基づくワークフローと直感的なユーザーインタフェースを採用した麻酔システム、外科処置のためのインテリジェントな手術室ワークプレイスを設計します。

保護的療法

クリティカルケアにおける日々の課題、救命救急診療科の毎日の業務や着実な改善のための重要な知識についてさらに詳しくご覧ください。

保護された肺のイラスト

周術期の肺保護換気

newsletter-DL-31770-2011-4-3.jpg

7 days 術中肺保護換気ニュースレター

詳細はこちら

関連製品領域

ワークフローを簡素化する良質な病院設計とデザインは手術室の医師をサポートします

病院設計&デザイン

手術室での処置に使用されるドレーゲルPolaris 600手術用照明

手術用照明と処置用ライト

Movitaシステム、Perseus A500、Polaris 600などのメディカルサプライシステムを使用する手術室の医師

医療吊り下げ装置&インフラ設計

肺保護関連トピック

手術室における医療ミスの防止を目指す麻酔科医

ヒューマンエラー – 責任は誰にあるのか?

減量手術中の肺保護 – 適用された麻酔方法

肥満患者の全身麻酔中の肺保護

pediatric-anesthesia-3-2-D-12375-2018.jpg

麻酔中の小児患者への換気

X線写真を確認する肺リクルートメント中の医師

全身麻酔中の肺リクルートメント

ドレーゲルの術中自発呼吸と肺保護換気

術中の自発呼吸

ドレーゲルの低流量麻酔

肺保護のための低流量麻酔

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
メディカル事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

03-6447-7220

東京サービスセンター

メディカル事業部 

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226