このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

Alarm History Analytics

​Alarm History Analyticsは、臨床アラームから継続的なインサイトを得られます。 このアプリケーションは、Infinity患者モニタからのアラームデータを使用し、臨床アラーム管理フローの効率を高められます。 繰り返し発生するアラームの原因を特定しながら、プロセスとスタッフ配置を体系的に最適化し、ケアの改善を行えます。 ダッシュボード内で一定期間結果をモニタリングし、アラームの量を減らす検討ができます。

院内で発生したアラームから実用的なインサイトを生成

​体系的なプロセスフロー、アラーム設定、および人員配置計画の最適化に役立つデータ基盤を作成することにより、アラーム管理の効率を高め、臨床スタッフと患者のストレスを軽減します。 Alarm History Analyticsを使用することで、施設で発生したアラームの透明性を得ることができます。 様々なアラームソースと重要度を分析して、実用的なインサイトを生成できます。

アラーム管理プロセスとスタッフの割り当てを体系的に最適化

​選択した時間枠内の様々なアラーム重要度について、院内各ユニットのアラーム応答時間を表示および比較します。 これにより、アラーム管理プロセスとスタッフの割り当てを体系的に適応させ、標準操作手順(SOP)コンプライアンスを確保できます。

ニーズに合わせて分析ダッシュボードを調整

​ダッシュボード内のカスタマイズ可能なウィジェットを使用して、個々のニーズに適合できます。 日間、週間、月間、さらには最大12週間など、様々な時間枠のデータを比較できます。 さらに、病院エリア分析は、特定のベッドごとまたは病院ユニットごとの選択に適合させることができます。

詳細分析のためのデータの活用

​個別のレポート作成またはその後の分析のために、収集されたデータをDräger Connectからスプレッドシートに書き出すことができます。 これにより、他の記録からの情報と組み合わせて、状況と長期的な傾向を踏まえた概要を作成でき、詳細な分析が可能になります。

アラームコンサルタントを活用してアラームを低減

​当社の専門家がアラームデータの収集とデータの分析を実施。アラーム管理プロセスを改善し、ユニット内のアラームの数を減らすための戦略導入をサポートします。

セキュリティとデータプライバシーを考慮した設計

​標準化され、簡単にアクセスできるデジタルヘルスプラットフォームは、IT管理の労力を最小限に抑え、高速でのスケーラビリティを可能にし、専門的なセキュリティ管理を保証します。 デバイスデータのみが転送、収集、分析されます。

Dräger Connect: デジタルヘルスサービスのセントラルプラットフォーム

​デジタルヘルスアプリケーション向けのプラットフォームであるDräger Connectで提供される追加のデータ駆動型サービスを利用できます。 ドレーゲルの装置が提供するデータの潜在力を活用し、それを当社のアプリケーションおよび技術的ノウハウと組み合わせて、急性期治療を改善します。

ダウンロード

Alarm History Analytics データ駆動型ソリューション
Alarm History Analytics データ駆動型ソリューション

ダウンロード

Dräger に連絡

Contact Us Image Hospital Products

ドレーゲルジャパン株式会社 メディカル事業部

​〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

​Fax: 03-6447-7220

東京サービスセンター

​メディカル事業部 
〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2371

​03-5245-2370