このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

Dräger Vapor® 2000 / D-Vapor® 気化器

Dräger Vapor® 2000 / D-Vapor®

お問い合わせ先

Dräger Vapor® 2000 / D-Vapor®

他のすべてのDräger気化器と同様に、Dräger Vapor 2000シリーズと  D-Vaporは、正確な液剤送達、安全性、堅牢性、品質、耐久性に関し  て優れたパフォーマンスを発揮し、ワークフローの効率化、  スタッフの満足度、および臨床アウトカムを向上させる可能性が  あります。

安全性と使いやすい機能

Vapor 2000シリーズとD-Vaporには、以下の機能が搭載されています:
  • Auto Exclusion気化器取り付けシステム*により、2台の気化器が同時に使用されることを防止: 1台の気化器のダイヤルを回すと、もう1台の気化器のダイヤルは回らなくなり、使いやすさと患者様の安全性を強化
  • 濃度調整ダイヤルをT位置にすることにより、搬送時に傾けたり上下を逆にしても、麻酔薬が漏れたりすることなく、安全な移送が可能 移送完了後、気化器は直ちに設定された通りの動作を継続
  • 標準的な麻酔薬ボトル一本の薬液を注入できます
  • D-Vaporでは、麻酔薬の注入レベルが臨界量に達した場合、可聴アラームが発生
  • 各麻酔薬専用注入システムにより、誤って不適切な麻酔薬で気化器を満たす危険性を排除
  • 様々な注入システムから、顧客に最適な注入オプションを選択可能
  • 色分けされたバヨネットキャップは、簡単に開けることができ、きちんと閉まっているかを簡単に視認可能
  • 各麻酔薬専用アダプタを麻酔薬ボトルに使用することで、液剤の漏れを防止
  • D-Vaporの内蔵バッテリーにより、電源障害が発生した場合でも継続して動作
  • SelectatecおよびISOに準拠した23 mm円錐型コネクター搭載の他社製麻酔器にも対応

Perseus® A500では標準装備、Atlan®シリーズ、Aollo®シリーズおよびFabius®シリーズの全身麻酔器ではオプションです。 Auto Exclusion気化器取り付けシステムは、麻酔ワークステーションのDräger Interlock 2コネクタと互換性があります。

ワークフローの効率化

Vapor 2000シリーズおよびD-Vaporには以下の機能が搭載されているため、臨床医にとって非常に便利な気化器です:

  • ガラスの後面には青い線を付け、薬液の注入レベルの読み取りやすさを改善
  • 10〜40°C(D-Vaporは18〜30°C)の温度範囲で使用できるよう設計されているため、小児手術や 心臓手術、火傷、整形外科など加温や冷却が重要な役割を果たす特殊な手術においても、正確な投与量を保証

コスト節約の可能性

Vapor 2000シリーズおよびD-Vaporは、その堅牢な設計により、長期間故障のない稼働を実現するため、メンテナンスのコストや時間を節約できる可能性があります、その理由は:

  • オーバーホールメンテナンス不要
  • 耐用年数内の再校正不要

ダウンロード

Dräger Vapor® 2000 および D-Vapor® 麻酔薬気化器
Dräger Vapor® 2000 および D-Vapor® 麻酔薬気化器

ダウンロード

Low-flow, minimal-flow and metabolic-flow anaesthesia 再呼吸システムで使用する臨床技術
Low-flow, minimal-flow and metabolic-flow anaesthesia 再呼吸システムで使用する臨床技術

ダウンロード

Dräger に連絡

Contact Us Image Hospital Products

ドレーゲルジャパン株式会社 メディカル事業部

​〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル 4F

03-6447-7222

​Fax: 03-6447-7220

東京サービスセンター

​メディカル事業部 
〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2371

​03-5245-2370