このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

デバイスユーティリゼーションアナリティクス 病院データ分析

デバイスユーティリゼーションアナリティクス

お問い合わせ

デバイスユーティリゼーションアナリティクス

​ネットワーク化された病院装置全体 の利用に関する、あらゆる関連情報を一元管理します。 包括的な概要にまとめることで、デバイスユーティリゼーションアナリティクスは、購買の意思決定の根拠となるデータ取得をサポートします。 サイバーセキュリティとパフォーマンスを促進するために、装置の状態をライブモニタリングし、過去の利用情報をレビューし、医療機器の現在のソフトウェアの状態をチェックすることができます。

装置の利用に関する透明性を向上

​装置の利用率とスタンバイ時間に関する概要をほぼリアルタイムで取得し、装置のパフォーマンスをチェックします。 ソフトウェアの状態と更新に関する透明性を改善し、セキュリティの欠陥を回避できます。 さらに、デバイスユーティリゼーションアナリティクスは、ネットワーク化されたに関するインサイトを活用し、パフォーマンスの確保と動作不良の予防を可能にします。 そのため、アセット情報を最新の状態に維持できます。

病院全体の概要を必要に応じて把握

​特定の診療科または病院全体を選択し、装置の利用に関する包括的なインサイトを収集します。 麻酔器、呼吸器、生体情報モニターなどドレーゲル装置のさまざまな製品カテゴリーから選択し、装置の運用状態に関する目的を絞った情報を得ることも可能です。 ベンチマークとレポートを素早くチェックし、変更プロセスを評価できます。

将来の購買意思決定を有効なデータに基づきサポート

​病院装置全体 の利用分析と最適化、および基本的なデータインサイトを活用して、コストを削減します。 特定の装置の稼働時間を正確かつ迅速に確認できるため、最もよく使用された装置と最も使用されなかった装置が一目でわかります。 これにより、装置をよりバランスの取れた方法で使用し、利用格差をなくすことができます。

Dräger Connect - デジタルヘルスサービスのセントラルプラットフォーム

​当社のデジタルヘルスサービスのプラットフォーム、Dräger Connectが提供するデータに基づいたサービスをさらにご活用いただけます。 ドレーゲルの装置が提供するデータの潜在力を活用し、それを当社のアプリケーションおよび技術的ノウハウと組み合わせて、急性期治療をサポートします。

ダウンロード

デバイスユーティリゼーションアナリティクス デジタルサービス
デバイスユーティリゼーションアナリティクス デジタルサービス

ダウンロード

SaaS Terms of Use - Japan
SaaS Terms of Use - Japan

ダウンロード

Dräger に連絡

Woman with brown hair smiling

ドレーゲルジャパン株式会社 メディカル事業部

​〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17​ ​目黒東急ビル​ ​4F

03-6447-7222

​Fax: 03-6447-7220

東京サービスセンター

​メディカル事業部 
〒135-0047
東京都江東区富岡​ ​2-4-10

03-5245-2371

​03-5245-2370