このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

Dräger Flame 1750 H₂ (IR3) 火炎検知器

Dräger Flame 1750 H₂ (IR3)

お問い合わせ

Dräger Flame 1750 H₂ (IR3)

トリプルIR (3波長赤外線) センサ搭載のDräger Flame 1750 H2 は、水素ベースの火災を検知します。 過酷な温度環境でも維持される、誤警報に対する高い信頼性と高い測定性能を提供します。

迅速で安全な検知

Dräger Flame 1750 H2 は、トリプルIR火災検知器です。 水素ベースの火災を、遠距離においても検知します。 最大40m先の水素火災 (1mの炎) を、わずか5秒以内に通知します 。 信頼性の認証されているFlame 1750 H2 は、IEC 61508で定義されている安全度水準SIL2を満たしています。

また、この火災検知器には、HART® およびRS-485インターフェイスが搭載され、ごくわずかな電力で稼働します。

水素向けに開発

Dräger Flame 1750 H2 は特に水素火災向けに開発されました。 3波長の赤外線センサがわずか2〜4μm帯の水素関連火災を検知し、高い性能と低い誤警報率を確保します。 誤警報を発生させる原因となりやすい溶接作業や高温のCO2排気などは、もはや問題にはなりません。

頑丈で優れた耐久性

ハウジングは非常に堅牢で高い耐候性を備えています。 ウィンドウを自動加温することで、凍結や結露を防止できます。 そのため、Flame 1750 H2 は、極めて厳しい環境条件下、例えば温度範囲が-60℃~+85℃、でも確実に動作させることが可能です。

シンプルな検証

搭載されたセルフテスト機能「Advanced Optical Verification (AOV)」が、Flame 1750 H2の電子的、光学的エラーを自動でチェックします。 前面の3色LEDにより、検知器のステータスをすばやく確認することができます。 緑は正常動作、黄色は故障、赤は火災警報を示します。

ダウンロード

Flame 1750 H2 (IR3) Product Information, ja-jp
Flame 1750 H2 (IR3) Product Information, ja-jp

トリプルIR (3波長赤外線) センサ搭載のDräger Flame 1750 H2 は、水 素ベースの火災を検知します。 過酷な温度環境でも維持される、誤 警報に対する高い信頼性と高い測定性能を提供します。

ダウンロード

IFU Flame 1750 H2 - 9300879 pt-br-me
IFU Flame 1750 H2 - 9300879 pt-br-me

この取扱説明書は、情報提供目的に限定して提供されています。 製品に付属の取扱説明書をかならず読み、その内容を遵守して下さい。

ダウンロード

Dräger に連絡

Woman with brown hair smiling

ドレーゲルジャパン株式会社 セイフティー事業部

​〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル​ ​4F

03-6447-7171

​Fax: 03-6447-7170

東京サービスセンター

​セイフティー事業部
〒135-0047
東京都江東区富岡​ ​2-4-10

03-5245-2390

​03-5245-2226