このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

Dräger Interlock® 7500

​Dräger Interlock® 7500は、酒気帯びの人が車両を始動することを予防する、アルコール イグニッション インターロック装置です。 Interlock® 7500の起動時間は非常に短くなっています。 さらに、お客様の特定のニーズに合わせて、カメラ、GPS、モバイルデータ転送モジュールを搭載することができます。

飲酒運転を確実に防止

​Interlock 7500は、公共交通機関や貨物輸送をはじめとする職業ドライバーの飲酒運転リスクを予防・低減するための車載用アルコール検知システムです。 また、Interlock 7500は、多くの国において飲酒運転に対する法的措置である「飲酒運転違反者プログラム(DUI/DWI)」の一環としても使用されています。 これらの国では、血中アルコール濃度が一定の基準値を超えた違反者に対して、車内にインターロック装置を設置することを義務付けています。 これらのプログラムでは、信頼性の高い検査結果、データ管理機能、不正を防止するデータ記録システムが非常に重要となります。

Interlock 7500の仕組み

​Interlock 7500は2つのパーツ、 ハンドセットとコントロールボックスで構成されています。 ハンドセット内で呼気サンプルの測定が行われ、 コントロールボックスで車両の始動が解除されます。 車両のエンジン始動装置のスイッチがオンにされると、Interlock 7500がドライバーの呼気検査を要求します。 呼気検査で設定値を超えるアルコール濃度が検出された場合は、車両の始動がロックされます。 この装置により飲酒運転を防止し、アルコールに関連する事故のリスクを軽減することができます。

素早い操作準備

Interlock 7500の最大の特長は、極めて短いウォームアップタイムと、迅速な使用準備です。 0 °C以上の温度では、直ちに使用可能です。 0℃未満の温度環境であっても、イグニッション インターロック部は、素早く使用が可能になります。 使用温度範囲の -40 °C〜85 °Cでは、装置がすべての環境条件下で確実に機能することが保証されます。

簡単に操作できるアルコール インターロック システム

​Interlock 7500のデザインは、見た目に優れ、人間工学設計であり、マウスピースがハンドセットの後ろ側にあるため、アルコール イグニッション インターロック装置だとすぐにはわかりません。 衛生的な
Interlock 7500®のマウスピースには、生分解性の材質が使用されています。 呼気サンプルをすぐに吹き込むことが可能です。 カラーディスプレイ上のナビゲーションが、本装置を直感的で使いやすくします。 さらに、装置上のカラーLEDが、使い勝手をさらに優れたものにしています。

安全なデータの取扱い

​Interlock 7500のデータログ機能には、日付、時刻、呼気検査の実施や実施拒否履歴、アルコール濃度の測定結果、車両の始動・停止、インターロック装置を不正に変更・改ざんしようとした履歴など、すべての関連イベントが保存されます。 承認された人だけがデータをダウンロードすることができます。 データの作成から提供まで、特別な暗号化方式がデータ保護を保証します。

モバイルデータ転送モジュール

​Interlock 7500にモバイルデータ転送モジュールが搭載されている場合は、事前に定義したイベントデータをセルラーネットワークを介して、責任者や管理機関に自動転送することができます。 事前に定義したイベントとは、例えば、酒気帯びで車両を始動しようと試みた場合などです。

車両フリート管理(運行管理、車両管理)においてモバイルデータ転送モジュールを使用すると、 Dräger Interlock 7500を既存のフリート管理システムのインターフェースに接続したり、独立ソリューションとモバイルデータ転送モジュールを一体化したシステムを構築したりすることができます。

カメラ

​Dräger Interlock 7500には、法的要件や顧客要件に応じて、カメラを搭載することが可能です。 これにより、呼気中アルコール検査の実施がカメラで撮影されます。 これは各車両に容易に取り付けることができます。 赤外線技術が、昼夜に関わらず、良い品質の画像を保証します。

信頼のおける測定技術

​Interlock 7500はアルコールに特化して測定します。 測定結果は信頼性が高く正確です。 また、装置をバイパスしたりごまかそうとする試みは確実に識別され、システム内に記憶されます。 本装置はまた、呼気サンプルに検出されたアルコールが、実際に呼気中のアルコールなのか、それとも口腔内アルコールなのかを識別できます。

実績のあるドレーゲルの技術

​65年を超える経験を有するドレーゲルは、呼気中アルコール測定における世界市場のリーダーです。 Alcotest製品群は、交通取り締まりのために、多くの国で警察当局によって使用されています。 Interlock 7500にはAlcotestの実績のあるセンサテクノロジーが使用されています。 ドレーゲルのアルコール イグニッション インターロック装置は、25年以上にわたり高く評価されています。

Dräger に連絡

Contact Us Image Safety Products

ドレーゲルジャパン株式会社 セイフティー事業部

​〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル 4F

03-6447-7171

​Fax: 03-6447-7170

東京サービスセンター

​セイフティー事業部
〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

​03-5245-2226