このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

Dräger Quaestor (クエスタ) 5000販売終了

Draeger Quaestor 5000

​Dräger Quaestor (クエスタ) 5000 は、呼吸器や化学防護服の点検に必要なすべての静的・動的試験シーケンスを、手動および自動作業の高度な組み合わせで実施します。 新開発のソフトウェアに搭載された、直感的なガイダンスがユーザーをサポートします。

手動と自動作業を組み合わせた静的・動的試験

​インテリジェントな手動操作と技術的な精巧さを組み合わせて、試験シーケンス時間を短縮します。 高圧弁の制御といった完全に自動化されたプロセスがある一方、 ユーザーの手動操作が必要な、特定の個別試験にも対応します。 Dräger Quaestor 5000では、試験回数が中程度の呼吸用保護具サービスワークショップ向けに特別に設計された試験器です。

モジュールタイプの製品設計

​Dräger Quaestor 5000は全面形面体、化学防護服、エアライン呼吸器、自給式空気呼吸器の性能と気密性を試験することができます。 内蔵された人工肺により動的な模擬呼吸試験も可能です。 高精度で製造業者の影響を受けない試験は、EN 137とvfdbガイドライン0804-02に従って行われます。

軽量化されコンパクトになった設計

​Dräger Quaestor 5000は、サイズが小さいため呼吸用保護具のワークショップのスペースを取りません。 軽量化されたこと(テストヘッドをつけた状態で最大21kg)と、便利なキャリーハンドルにより、作業車両などによる移動が簡単です。 基本ユニットの標準付属品の範囲に含まれるワークベンチ固定具により、機器の調整を安定した状態で試験中に行うことができます。

あらゆる面体サイズに対応

​テストヘッドは必要に応じて、自由に回転させたり、取りはずしたりすることができます。 この柔軟性により、試験のデザインをより簡便に個々のニーズに合わせて行うことが可能です。 テストヘッドのジェルフェイスは人間の顔面皮膚の弾力性を模倣しており、あらゆる一般的な面体サイズにしっかりフィットするよう調節できます。

直感的な操作のソフトウェア

​同梱のソフトウェアには、事前インストールされた幅広いデータベースが含まれており、それらは変更が可能です。 手動試験手順はユーザー通知やグラフィック要素を用いて、経験の浅いユーザーにもわかりやすく示されます。 各試験の完了後、試験結果レポートが文書化の目的のために作成されます。 オプションの必要テストリスト(デューリスト)は、次回の試験が必要となる時期の情報をタイムリーに提供します。 また、このソフトウェアでは、試験シーケンス、イベント、実施間隔の設定と変更などにより、顧客に特化した設計も可能です。

幅広く取り揃えたオプションのアクセサリ

​QSI Boxは低圧警報音を遮音し、騒音を大幅に削減します。 特別に設計されたブラケットが、試験中の圧力計あるいはDräger Bodyguard®を安定したポジションに保持します。 さらに、あらゆる面体-防火帽の組み合わせに使用するホルダーは、テストヘッドに合わせてアップグレードできます。 また、空気呼吸器ホルダーは、試験対象の呼吸器を目の高さの位置に調節することができます。

ダウンロード

Protector Software V7.2.0
Protector Software V7.2.0

ダウンロード

Dräger に連絡

Contact Us Image Safety Products

ドレーゲルジャパン株式会社 セイフティー事業部

​〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル 4F

03-6447-7171

​Fax: 03-6447-7170

東京サービスセンター

​セイフティー事業部
〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

​03-5245-2226