このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

Dräger VarioGard® 2320 IR

Dräger VarioGard® 2320 IRは、4〜20mA出力信号と赤外線式センサを備えたガス検知器です。 ビールやワインの醸造所などの非爆発危険エリアの二酸化炭素を検知します。

高い信頼性

高精度の赤外線光学式センサが搭載されたDräger VarioGard 2320は、誤警報の発生を大幅に削減し、真の危険が存在する場合のみ確実にアラートを発します。さらに、並外れた耐久性を発揮するIRセンサにより、必要となる校正頻度が下がります。また、周囲空気内に存在する外部要素に対する耐性が高く、センサ損傷のリスクが軽減されます。

簡単なセットアップと取り扱い

Dräger VarioGard 2320は設置と操作が簡単で、特別な知識やトレーニングを要しません。すべての装置は出荷前に事前設定されており、追加設定も必要ありません。また、将来装置をメンテナンスする際に使用するツールは、磁石棒や校正アダプタ、試験ガスなどごくわずかです。

測定範囲の切り替えが可能

二酸化炭素測定用Dräger VarioGard 2320では、測定範囲の終了値を、職業ばく露限界濃度モニタリング向けにはppm単位に、ガス漏れモニタリング向けにはvol.-%単位に切り替えることができます。

業界標準の出力信号

業界標準化の4〜20mA信号を採用しているため、Dräger VarioGard製品シリーズは、あらゆる制御システムと統合できるだけでなく、既存のシステムへ組み込むことも可能です。

サステナビリティへ注力

耐久性の高いDrägerSensorsを搭載したVarioGardガス検知器は、ドレーゲルのサステナビリティ哲学に沿って装置の寿命を延長します。新しいハウジングデザインにより、前モデルに比べて素材の使用が最適化されました。さらに、現在使用中の前シリーズのアクセサリや電子スペアパーツと互換性があり、廃棄物が削減されます。ドレーゲルは廃棄する古い装置を引き取ることで、リサイクルも促進しています。

ダウンロード

VarioGard 2320 IR Product Information, ja-jp
VarioGard 2320 IR Product Information, ja-jp

Dräger VarioGard® 2320 IRは、4〜20mA出力信号と赤外線式センサを備えたガス検知器です。 ビールやワインの醸造所などの非爆発危険エリアの二酸化炭素を検知します。

ダウンロード

More than the sum Brochure, ja
More than the sum Brochure, ja

ダウンロード

技術仕様

主なファクト

タイプ
センサヘッド
応答時間
ケーブル挿入口
M20 x 1.5
表示
本質的安全性
難燃
安全性の向上
SIL
4~20mA
バス
HART®

テクニカルデータ

供給電源
16〜32 VDC、 3 線式
温度(作動時)
-20°C - 50°C
湿度
10〜95 % R.H.、結露しないこと
圧力(hPa)
700 - 1300
寸法 (高さ x 幅 x 奥行)
0.11x0.12x0.06 m
重量
0.88 lb
ハウジング材質
プラスチックABS
保護等級(IPクラス)
IP65

認証

ATEX
IECEx
UL
CSA
CEマーク
GOST (EAC)
性能認定
船級

関連製品と比較

Dräger に連絡

Woman with brown hair smiling

ドレーゲルジャパン株式会社 セイフティー事業部

​〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17 目黒東急ビル​ ​4F

03-6447-7171

​Fax: 03-6447-7170

東京サービスセンター

​セイフティー事業部
〒135-0047
東京都江東区富岡​ ​2-4-10

03-5245-2390

​03-5245-2226