このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

ベンゼンばく露の危険性 - ベンゼン発がん性物質のリスクを低減するガス測定

ベンゼンばく露の危険性

エキスパートにご相談ください

ベンゼンには発がん性があります

産業界ではよく知られた事実ですが、ベンゼンは白血病やリンパ腫を発現させる危険なグループ2発がん物質です。 しかし、重要な基本材料でもあるため、業界におけるベンゼンばく露は完全に回避できるものではありません。 そのため、ベンゼンの作業ばく露限界値はきわめて低いレベルに設定されています。 感度の良い検知器を使った正確な測定と定期的なベンゼンばく露テストは作業員の安全に欠かせません。 ベンゼンへのばく露リスクがある環境で作業する場合は必ず個人用保護具 (PPE) を着用する必要があります。

ベンゼン - 化学産業に欠かせない基本材料

ベンゼンは合成のために一次製品に使われ、それは最終的には消費者向け製品の製造に影響します。 ベンゼンはアニリン、スチレン、ナイロン、合成ゴム、プラスチック、洗剤、殺虫剤、染料などで多くの化合物を合成するのに使用されます。 化学産業では避けられない物質であるため、日常作業におけるベンゼンばく露の危険性から作業員を守る必要があります。

一般的な発がん性物質と揮発性有機化合物 (VOC)

ベンゼンに関するすべて

ベンゼンの安全な取り扱いに関するキーファクトと特徴

キーファクトをダウンロード

職場におけるベンゼンばく露

ベンゼンの危険性 - フラップやバルブの開放とホース接続

充填や注入作業中のフラップやバルブの開放やホースの接続は、危険な発がん性物質が放出する可能性がある最も危険な作業です。

危険エリアにおける表示

危険エリアにおいて機器の表示を確認する作業者は、ばく露上限値を超える有毒または発がん性物質にさらされる危険があります。

発がん性有毒ガスのサンプリング・事前測定

閉鎖空間において発がん性有毒ガスが急に増加すると、作業者は危険にさらされます。

定置式ガス検知システムを配備した貯蔵室

貯蔵室における意図しない発がん性物質の漏洩は、起こり得る危険です。

ベンゼンばく露 - 厳格なばく露限界値に関する課題

ベンゼンは、職場でのばく露限界値が厳しく定められている、危険な発がん性物質です。 限界値は連続的に引き下げられており、それが業界に大きな影響を及ぼし、特殊な課題となってきました。 企業はベンゼンばく露限界値の遵守を証明する必要があり、長期的に文書化しなくてはなりません。 革新的なリスク受容コンセプトがこのようなリスク管理をサポートします。

ベンゼンばく露 - リスク受容コンセプト

発がん性物質であるベンゼンへのばく露を抑制する安全コンセプト

ドイツは発がん性物質と変異原に関するこの特に厳しい指令 (2004/37/EC) を率先して導入しています。 職場におけるベンゼンの潜在的な危険性に対する安全コンセプトは「リスク受容コンセプト」から生まれたもので、高リスク (赤)、中リスク (黄)、低リスク (緑) の交通信号モデルにもとづきます。

ベンゼンに対する厳しいばく露限界値

ベンゼンに対する厳しいばく露限界値

発がん性物質に対するより低いばく露限界値 - さらに厳しくなる課題への対応

ホワイトペーパーをダウンロード

VOICE ベンゼン

ベンゼンに関するファクト

ベンゼンの各国の限界値、その他の重要情報についてドレーゲル VOICEでご覧ください。

VOICEでベンゼンについて見る

ベンゼンの測定

化合物に低濃度で含まれる場合は特に、ベンゼンのような芳香族炭化水素の検知は簡単ではありませんが、 ベンゼンは発がん性物質であるため、職場でのばく露は厳しく制限されなくてはなりません。 職場におけるベンゼンのばく露限界値が低ければ低いほど、測定プロセスがより大きな課題となります。 新しいテクノロジーは異なる測定ソリューションを選択したり、異なる方法を組み合わせる可能性も提供します。 これは職場環境が厳しいベンゼンばく露限界値を超えず、ベンゼンの危険から作業員が保護されていることを確保するためです。

ベンゼンの測定

ベンゼンの測定

貴社の用途にはどの測定方法が適しているかご覧ください。

ホワイトペーパーをダウンロード

ドレーゲルX-pid 9000/9500

ベンゼンばく露モニタリングの技術的イノベーション

発がん性のベンゼンへのばく露は長期的な害をもたらします。 企業には、実施した作業の詳細、ばく露した作業員や請負業者の数、そして測定結果などを詳細に記録する責任があります。 また、個人が、その職業全期間でばく露したベンゼンのレベルすべてを記録して管理する必要があります。 革新的な新しいウェブベーステクノロジーによって、データ管理が今まで以上に簡易化されました。 選択的PIDガス測定器、ドレーゲルX-pid® 9000/9500は、頻繁に危険有害物質を検査する作業者に最適な製品です。

jp-the-takeaway-lab-4-3.png

ドレーゲル X-act® 7000 - 研究室レベルの測定を現場で

低濃度の発がん性物質を検知し、それを正確に測定することは容易ではありません。 ドレーゲルのプロダクトマネジャーが、革新的な測定方法により顧客の計測方法における可能性がどう広がるか、インタビューで答えます。

インタビューをダウンロード

ベンゼンガス モニタリング ソリューション

ドレーゲルは、貴社の測定作業を容易化するベンゼンガス検知器を含む革新的な測定ソリューションを提供しています。

ドレーゲルX-pid 9000/9500

ドレーゲルX-pid® 9000/9500

ドレーゲルX-act 7000 ホルムアルデヒド ppm

ドレーゲルX-act® 7000

X-am 8000 7種のガス

ドレーゲルX-am® 8000

ベンゼンばく露からの万全な保護

発がん性物質ベンゼンにばく露される作業員はすべて、呼吸用保護具と防護服による完全な保護が必要です。 すべての予防策が取られている中でも作業場における発がん性物質へのばく露が避けられないことが明確な場合、個人用保護具 (PPE) を使用しなければなりません。 化学防護服によって、蒸気や粉じんが肌を通して体内に取り込まれることを防ぐことができます。 また、呼吸用保護具やフィルタによって、肺を有毒物質から守ります。

化学防護服

適切な化学防護服を選択

化学防護服について知っておくべき10のポイント。 ベンゼンからの保護に最適な化学防護服をお選びください。

e-bookをダウンロード

ベンゼンからの保護に最適な製品をご覧ください。

電動ファン付き呼吸用保護具

電動ファン付き呼吸用保護具

Dräger X-plore® 9000 / PAS X-plore®

Dräger X-plore® 9000 / PAS X-plore®

発がん性物質

発がん性物質についてさらに詳しく

産業界で最も一般的な発がん性物質に関するファクトと特徴、その安全な取り扱い

詳細はこちら

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
セイフティー事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7171

03-6447-7170

東京サービスセンター

セイフティー事業部

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226