このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

呼吸用保護具の世界 - ドレーゲル呼吸用保護具の世界 キービジュアル

呼吸用保護具について知っておくべきこと

生きていくうえでも働くうえでも、きれいな害のない空気が必須です。 有害物質の危険がある、または安全な呼吸が難しい場所では、信頼のできる呼吸用保護具が必要です。 産業的な工場や作業場であっても、農業、消防隊であっても、職場での安全と呼吸の保護は命に係わる問題です。

ニーズに合った適切な呼吸保護具は、どう選べばよいのでしょうか。

  • 職場における汚染や危険のタイプは?
  • 呼吸器系保護具の種類とは?
  • ニーズに合った呼吸用保護具をどう選ぶのか?
  • 呼吸用保護具を使用するときに考慮すべき規制や保護クラスとは?
  • 外気取込みが有る、または無い呼吸用保護具を使う際に知っておくべきこととは?

以下の各セクションでは、さまざまなトピックや、従業員やお客様のトレーニングや参考資料として活用できるダウンロード可能なプレゼン資料をご覧いただけます。

呼吸用保護具の基礎知識と有害物質

空中の有害物質 についての基本的な知識

汚染物質にはどのような種類があり、それを知っておくことは呼吸器官の保護にどのように関わるのでしょうか。 吸い込んだ有害物質はどのような損傷を引き起こすのでしょうか。 基本的な概要についてこちらをご覧ください。

基礎知識

呼吸用保護具

呼吸用保護具の種類

適切な機器は、関連する有害物質やその濃度、使用環境、使用時間の長さによって決まります。 呼吸用保護具の種類や選定方法について、こちらからご覧いただけます。

選定ガイドへ移動

安全な使用 スモーク

呼吸用保護具の安全な使用

機器は、適切に使用されてはじめてその信頼性を発揮します。 呼吸保護のエキスパートによる実践的な使用のヒントと背景知識をまとめました。

安全使用についての詳細

製品をより良く知る

ドレーゲルの呼吸用マスク製造工場

過酷な状況に対するソリューション

毎日、世界各地で多くの救助隊員が当社製品に命を委ねています。 もっとも過酷な究極の状況で、当社の呼吸保護具が使用されています。 ドレーゲルでは、生産工程すべての段階で、その責任を深く受け止め、最善を尽くしています。

鉄鋼製の回し車

安全の具現化: 当社作業場の舞台裏

過酷な状況に直面する消防士には、安全な呼吸空気の供給が必要です。 イングランド北部にあるドレーゲル工場では、すべてのコンポーネントから完全製品一式まで、全世界に向けた重装用呼吸保護テクノロジーの設計、開発が行われています。

簡単にアクセスできる知識

Intro-resp-protect-ebk-9111371-jp-9-11.jpg
呼吸保護の基礎知識

呼吸保護に関連する基本事項を解説したハンドブックです。

PDF 4,24 MB

ハンドブックをダウンロード

軽装用呼吸保護具の基礎知識
軽装用呼吸保護具

いつ、どのような状況で使用すべきか、どのような保護効果があるのか、軽装用呼吸保護具について解説します。

PDF 4,62 MB

ハンドブックをダウンロード

introduction-to-heavy-respiratory-protection-9-11.jpg
重装用呼吸保護具

当ハンドブックでは、重装用呼吸保護具をいつ、どのような状況で使用すべきか、どのような保護効果があるのか解説します。

PDF 5,83 MB

ハンドブックをダウンロード

なぜドレーゲルの呼吸保護具を選ぶのか

呼吸保護に関する歴史と専門知識

100年以上にわたって培われた呼吸保護の専門知識

「モデル1903」は20世紀初頭に発明されたドレーゲル初の呼吸装置で、炭鉱事故の際に鉱夫に酸素を供給するものでした。 そのわずか3年後に発表された後継モデル「1904/09」はフランス、クリエールで起こった炭鉱事故で600名の命を救いました。 以来、当社は呼吸保護分野における革新力であり続け、さまざまな呼吸保護具の開発を続けています。

環境

環境は当社にとって重要です

環境を保護するために、当社では資源を保全する持続可能な製造工程を採用しています。 最近では製造工場における水消費の大幅な削減を達成しました。 当社の呼吸保護フィルターは95%ヤシ殻由来の木炭を使った吸収媒体を採用しています。

ニュースレターのアイコン

セーフティーニュースレター

セーフティーニュースレターを購読し、セーフティー業界の最新情報を入手ください。

  • 職場における安全上の問題を対処するために
  • 業務をより快適で安全に行うために
  • 最新の発明とセーフティーのアイディアについて情報を入手するために

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
セイフティー事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7171

03-6447-7170

東京サービスセンター

セイフティー事業部

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226