このウェブサイトはクッキーを使用します。 このウェブサイトを使うことにより、あなたはクッキーのポリシーに同意することになります。 ご自分のブラウザ内でクッキーの設定を変更できます。詳細はこちら

危険物質の安全な取り扱い - 危険物取扱用保護具を装着した作業員による危険物の取り扱い

危険物質の安全な取り扱い

エキスパートにご相談ください

危険物の取り扱い時に 優先されるべき従業員の保護

多くの職場において、危険物の取り扱いは日業業務の一環です。 そのため、爆発のリスクや有害な濃度の発がん性物質へのく露といった危険性(ハザード)が従業員に及ぶ場合があります。 また、毒性の危険や酸素欠乏の脅威もさまざまな作業エリアに存在しています。 適切な個人用保護具 (PPE) の着用や、正確なガス測定技術の使用、そして実践的なトレーニングによって、これらの作業を安全かつ効率的に計画することが可能です。 ドレーゲルの危険物取扱用保護具を使えば、危険物質から十分に保護することが可能です。

危険な状況の認識と評価

ドレーゲルと共に危険な状況を認識・評価

清掃や化学物質の移動といった日常作業における多くの手順や工程では、有害物質の緊密なモニタリングや有害物質からの追加的保護が必要です。 職場におけるリスクアセスメントを行うことにより、重要点が明確になります。 

リスクアセスメントで実施すべき5つのステップ:

ステップ1: 危険性を認識する
ステップ2: 誰がどのように被害に遭うか検討する
ステップ3: リスクを検証し予防策を検討する
ステップ4: 調査結果を記録し、実施する
ステップ5: アセスメントを再評価し、必要であれば更新する

危険物取扱についての最新情報を入手

危険物から自分の身る
危険物質の影響

職場で危険物を取り扱うことにより、主に次の3つの影響を身体に受ける可能性があります。
1)意識状態への影響

2) 臓器や生命維持機能への影響

3) 肌への不快感や外的損傷

PDF 346 KB

インフォグラフィックをダウンロード

インフォグラフィックでCLPピクトグラムと危険サインについて学ぶ
危険有害性標識

危険物質の異なる分類や、危険の可能性がある物質のラベルに表示されるマークについて学びましょう。 これらはすべて、インフォグラフィックで解説されています。

PDF 232 KB

インフォグラフィックをダウンロード

職場における危険性の認識と監視

作業環境のモニタリング

個人用ガス検知器は、作業ばく露限界の超過を監視し、適時に作業員に警告を与えます。 大抵、作業着の上に直接装着が可能です。 使いやすさや高い快適性、そして堅牢性がここでは重要となります。 検出器で単一または多成分のガスを監視でき、職場で危険物を取り扱う際の安全性を向上させます。

Dräger Pac® 8000

Dräger Pac® 8000

Dräger Pac® 8000 は、過酷な環境下での使用にも耐える堅牢性を備えた個人用単成分ガス検知警報器です。 二酸化窒素(NO2)やオゾン (O3)、ホスゲン (COCl2) などの特殊ガスを含む29種類の異なるガスセンサから選択でき、選択ガス種の有害濃度を正確かつ確実に検知します。

製品の詳細

Dräger X-am® 5000

Dräger X-am® 5000

Dräger X-am® 5000は、主に個人モニタリング用途向けに開発されたガス検知警報器シリーズの1つです。 1~5成分ガスを検知可能なガス警報器で、可燃性ガス・蒸気をはじめ、酸素、有害濃度の毒性ガス、有機ガス・蒸気、臭気物質、アミンを確実に検知します。

製品の詳細

爆発性雰囲気下で作業するための危険物取扱保護具

化学物質が積まれた倉庫

危険物を取り扱う際、爆発性ガスや蒸気、または可燃性の塵埃により、爆発性雰囲気が発生することがあります。 このような雰囲気下では多くの場合、法律で定められている爆発保護対策により、個人や工場の安全が保護されています。 ATEX指令では、爆発性雰囲気を有する環境の中で使用できる機器や作業スペースが規定されています。 ドレーゲルは、爆発危険ゾーンでの使用を意図したATEX指令に準拠した検知器具や保護具を取り揃えています。

ATEX -  爆発保護とガス検知における爆発危険箇所の印付けとその意味

ひと目でわかるATEX

防爆保護とガス検知: この小冊子は、爆発危険箇所の印付けやその意味など、知っておくべき事柄を解説しています。

ポスターをダウンロード

爆発危険ゾーンのモニタリング

爆発性物質の保管庫などでの意図せぬ漏洩を、完全に排除することはできません。 定置型ガス測定システムの警報発生によって、換気システムを始動させるなどの迅速な対応が可能になります。

Dräger Polytron® SE Ex

Dräger Polytron® SE Ex

​Dräger Polytron® SE Ex ... DQ センサヘッドは、大気中の可燃性ガスおよび蒸気を連続モニタリングするガス検知器です。 測定は、センサ内部にあるペリスタと呼ばれる触媒ビーズ上で起こる化学反応による反応熱の原理を用いて行われます。

製品の詳細

Dräger PIR 7000

Dräger PIR 7000

Dräger PIR 7000 は、可燃性ガス・蒸気を連続監視する、防爆型の定置式赤外線ガス検知器です。 ステンレス製の SS 316L ハウジングと、ドリフトのない安定した光学測定システムを特長とするこの検知器は、洋上プラットフォームのなどの過酷な設置環境での使用に適しています。

製品の詳細

ドレーゲル VOICE - 危険保護具の検索ツール

危険物質名から安全製品を検索

新しいウェブツールのドレーゲル VOICEは、1,500種類を超える有害物質のきわめて重要な情報でお客様をサポートします。物質の物理化学的特徴、関連するばく露限界値をはじめ、推奨される呼吸用や全身用の保護具、適切なガス検知器のソリューションを提供します。

ドレーゲル VOICE

ドレーゲルに連絡

連絡先

ドレーゲルジャパン株式会社
セイフティー事業部

〒141-0021
東京都品川区上大崎2-13-17
目黒東急ビル 4F

03-6447-7171

03-6447-7170

東京サービスセンター

セイフティー事業部

〒135-0047
東京都江東区富岡 2-4-10

03-5245-2390

03-5245-2226